ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年12月 > Trelloを使ってみた

Trelloを使ってみた

カテゴリ: Webサービス,タスク管理

今更ですがTrelloを使ってみようと思い立ち、触ってみました。

1. アカウントの作成

無料登録してはじめる

公式サイトの「無料登録してはじめる」をクリック。

必要情報の登録

メールアドレス、パスワードなど必要な項目を入力してアカウントを作成。

入力したメールアドレスに認証リンクの含まれたメールが来るので、クリックして認証。これで準備完了です。

2. 使ってみる

最初のボード

最初の画面は「Trelloにようこそ」の他は新規作成しかない、シンプルな状態です。なお、この画面の塊は"ボード"と言うそうです。

ボードの作成

試しに新規ボードを作成します。今回のボード名は「身近なタスク」とか適当に。

リストの作成

ボードの中にペタペタ貼り付ける付箋のような塊は"リスト"。実際のタスクをここに書き並べてみましょうか。

リスト「買出し」の中にカード「夕飯のおかず」を入れた図

例としてリスト「買出し」の中にカード「夕飯のおかず」を入れてみました。うん、シンプルにタスク管理ができそうな感じです。あ、リストの中に列挙するタスクは"カード"と言うそうです。

Trelloはこのボード→リスト→カードの3つを使ってタスク管理を行う、という形のようです。

カード「夕飯のおかず」の期限を設定

カードを開くと、コメントやログ、期限など詳細な情報を設定できます。今回は期限を設定してみます。タスクには期限が付き物ですから、それは機能としてありますよね。

期限の近いカードは黄色になる 期限の近いカードは黄色になる(リスト一覧画面)

期限が近いカードは黄色、期限が切れると赤色になるので期限が分かりやすいですね。

ふと、ここでタスクを完了させた場合はどうすれば良いのか分からなくなりました。削除だと本当に削除してしまいますし……。ついでにこの書き方だと、「リストが含んでいるカード全てのタスクを終わらせた場合」、つまりリストそのものを削除しようとしたときも、リストの削除が見当たらないことに気付きました。

そこで調べてみたら、リストの削除には一度必ずリスト自体をアーカイブにする必要があるのだそう。

何故こんな仕様なのかは分かりませんが、これも踏まえると調べている途中で分かったやり方、つまり

  • ボード: プロジェクト・仕事単位
  • リスト: 状態(未着手、作業中、完了)
  • カード: タスク

というイメージで使うのが良さそうです。

リスト「買出し」の中にカード「夕飯のおかず」を入れた図

例えば、リスト「Done」のような完了の「状態」を示すリストを作って、タスク(カード)が完了したらそこにカードを放り込んでいくイメージですね。本来ならばリストは上記のように「未着手」「継続」「完了」という感じに作るのが良さそうですが、途中までやり方が違っていたので、このボードはとりあえずこんな中途半端な状態で……。

参考

タグ: 手順,Trello

 



関連する記事一覧