ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年1月 > どうやらIEは11になっても約束を守ってくれないようです

どうやらIEは11になっても約束を守ってくれないようです

カテゴリ: ホームページ

引き続きIEネタです。Barba.jsを使ったデモを作って、IEで動作確認したら……動かない。

エラーメッセージは以下の通り。

Possible Unhandled Promise Rejection: TypeError: 未定義または NULL 参照のプロパティ ‘isWebKit’ は取得できません

Unhandled Promiseというところが引っかかりますね。「IEさんもしかしてPromise使えないとか?」と思って検索。

案の定、ES6のPromiseは使えないと来ました。やっぱりか。「えーマジPromise使えないの!?」「Promise使えないのが許されるのはNetscapeまでだよねー」という感じです。

回避策としては次の通り。

  1. ブラウザ判定して逃げる(そもそもBarba.jsを動かさない)
  2. Polyfill
  3. Babel

PolyfillとBabelは似たような感じですが、BabelだけがPolyfillではないですし、BabelはBabelで有名すぎるので気分的に別枠にしたいところ。

いずれにしても、どうにかして回避できそうなので時間のあるときに試してみますか……。

タグ: javascript,IE,トラブル対処

 



関連する記事一覧