ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年1月 > Webフォントを指定するとIEで怒られる

Webフォントを指定するとIEで怒られる

カテゴリ: ホームページ

ライセンス的に問題ないWebフォントをサーバにアップロードし、cssで読み込むように指定しました。


@font-face {
    font-family: "hogeFont";
    src: url("../hogefont/hogefont.otf") format("opentype");
}

font-family: "hogeFont";

すると、IE(IE11)だけ指定したフォントで表示されません。試しにF12でコンソールを開いてみると、次のエラーメッセージが表示されていました。

@font-face で OpenType の埋め込みアクセス許可チェックに失敗しました。アクセス許可は Installable である必要があります。

見たことのないエラーだったので調べてみました。

Webフォント自体は対応しているようです。では、エラーメッセージで検索すると……

どうやらIEで使用できるように変更を加えるソフト(Truetype embedding-enabler)を使用して、ファイル自体に変更を加える必要があるようです。

しかし、Windows10では動かず……。互換モードで動かせば動くかもしれませんが、ちょっと試すのは怖いですね……。

IEはやはり手間取らせるのか……。

タグ: フォント,IE,トラブル対処

 



関連する記事一覧