ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年1月 > Kiribi Ususama

Kiribi Ususama

カテゴリ: ホームページ,プログラム,開発環境

新年早々ちょっとやっておきたいことがあったので片付けました。

ここ最近自分で作業するときに使っているテンプレ(Bootstrap(というかHonoka)使用、Scss使ってgulpでコンパイル)があるのですが、Githubのリポジトリの名前(bs_template_gulpejs)が適当過ぎてgit cloneするとき間違えたり、人に言うときに「アレ」としか言えずになかなか通じなかったりするので、名前を付けました。

名前を付けるに当たってリポジトリも新規に作成。その名は、「Kiribi Ususama」。元々gulpを使っていないScssとBootstrapだけの構成のものがベースで、そっちは「Kiribi」。

名前は、Bootstrapを使っていることから。Bootstrapが電源投入、自動実行といった意味合いなので、何か物事を始めるイメージと火で火打石を連想。「Hiuchiishi」だと長いのと、これから事を始めるに当たって魔除けの意味も込めて切り火からKiribi。gulpを使っている方はgulpが飲み込む、ごくごくと飲むという意味(だからシェイクのロゴなのですね)なので、火の神様というか仏教の明王で、一切不浄を飲み込み浄化する烏枢沙摩明王からお名前をお借りしました。こういうところから名前を持ってくるのも自分らしいかな、と。

名前を付けたついでと言っては何ですが今までrubyのSassコンパイラを使用していた(とっかかりとしてBootstrapとScssの学習から始めたので、その延長線でruby環境を使っていた)ので、いい加減これをnode.js一本にしようと思ってgulp-sass(node-sassのラッパー)にコンパイラを変更。

またまたついでに、自動プレフィックス付与も追加して、わりと大改造となってしまいました。

さて、これでさらに効率化すると良いのですが……しばらく癖でプレフィックスを手動付与しそう。

参考

タグ: css,javascript,bootstrap,Sass(Scss),gulp,Github,KiribiUsusama,Node.js

 



関連する記事一覧