ラック
Home > ブログ > 記事 > 2014年9月 > nvlddmkm.sysによるブルースクリーン

nvlddmkm.sysによるブルースクリーン

カテゴリ: Windows

一部では有名な話です。

Windows7環境で、動画やゲームの再生中、あるいはスリープ状態からの回復といった、ディスプレイに表示を行う挙動に際に画面がブラックアウトしたり、ブルースクリーンが表示される現象について。

例えば、「スリープから回復させようとして適当にキーボードを叩いて、画面が表示されたと思ったらブルースクリーンだった」とか下手なホラーより怖いです。

今回発生したのは原因が「nvlddmkm.sys」で、エラーコードが「0x00000116」のブルースクリーンです。

この辺り、というか…

出るわ出るわ「画面がブラックアウトした!」「ブルスクが出た!」などの不具合の山。同じ症状もたくさん。

 

で、どうもこれは「nvlddmkm.sys」が「C:\Windows\drivers」直下と「C:\Windows\winsxs\x86_nv_lh.inf_3xxxxxxxxxx(xxxxxxxの部分は数字やアルファベットやハイフンやピリオド)」というフォルダの下の2か所にあって、これがバージョンが違うと競合するとか。

そんなことが検索結果の中のいくつかのサイトを見ると書いてあったので、新しいバージョンのもので古いバージョンのものを書き換えてやれば良い、と良いらしいです。

具体的には「C:\Windows\drivers」直下の「nvlddmkm.sys」で「C:\Windows\winsxs\x86_nv_lh.inf_3xxxxxxxxxx」下の「nvlddmkm.sys」を書き換えてやれば良い、と(念のため作成日時も確認すること)。

…が、「C:\Windows\winsxs\」は完全にシステムの中なので管理者権限で云々しても許可がないと弾かれる状態なので、ただのコピペですんなり、というわけにはいきません。

こちらを参考(自己責任で!)にしてアクセス権限を切り替えて、「C:\Windows\winsxs\x86_nv_lh.inf_3xxxxxxxxxx」下の「nvlddmkm.sys」を「old_nvlddmkm.sys.bak」とかに書き換えてやってから、「C:\Windows\drivers」直下の「nvlddmkm.sys」をコピペすることで対処完了。

これで様子を見てみましょう。

 

 

…と思うじゃないですか。ダメでした。なので一度プログラムと機能からNVIDIA関連のコンポーネントを全部削除して、公式からインストーラをダウンロードしてインストールし直してみることに。

インストール時にカスタム→クリーンインストール、とすることでクリーンインストールができるのでそっちで。

クリーンインストールしたからこれで今度こそ…と思いますよね。

 

 

…ダメでした。さて、どうするかな…。もう一度アンインストールして再インストールしてみるか…今度はアップデートを切って古いバージョンのままにして。

 

…検索結果とかネット上に情報が散見されることからお分かり頂けるかと思いますが、本当、何故かWindows(Vista以降?)+NVIDIAグラフィックドライバーってブルスク起こすことが多い(と個人的に思う)のですよ…。

もう「水と油」「犬と猿」「WindowsとNVIDIA」って同じ意味にして良いのではないでしょうか?と思うくらい…。

タグ: 0x00000116, nvlddmkm.sys, トラブル対処

 



関連する記事一覧