ラック
Home > ブログ > 記事 > 2014年10月 > 声明といふもの

声明といふもの

カテゴリ: 雑記

仏教の声明(しょうみょう)というものを初めて聞きました。

お経を唱えるお坊さん・太鼓を叩くお坊さん共に10人はいらっしゃったでしょうか?そのため、声も太鼓も音圧が凄かったです。圧倒される音量と力強さ。

パートパートとしては、まず梵語のお経から、心略漢語に移り変わると音のとり方が一気に中国っぽくなり、発音も漢字の発音になって変化が分かりやすかったのが面白かったです。

観音経は和太鼓の叩き方に強弱をつけたり、叩く動作を大げさにしたりでよりパフォーマンスとして盛り上がるような感じにはなっていましたが、木魚の代わりに和太鼓を使っていると考えればオーソドックスで一番馴染み易いスタイルだったのではないでしょうか。

なお、「アンコール宜しいですかね?」といってアンコールとして再びお坊さんの行列が入場したときは「アンコールというものを適用させて良いのか」と微妙にツッコミを入れたくなりました(コンサートという体ですけど)。
しかもアンコールは『般若心経』。いや、一番有名ですし聴衆も参加できますからアンコールとしてはこれ以上ない適役ですけど…ですけど、噴いた。

タグ: その他

 



関連する記事一覧