ラック
Home > ブログ > 記事 > 2015年1月 > メモリ関連の単語メモ

メモリ関連の単語メモ

カテゴリ: デバイス・ガジェット

メモリ関連の単語を自分の整理のためにメモ。間違えている可能性あり。

メモリ関係用語集(全般)

 

バンク

ランク

※ランク

メモリコントローラがメモリモジュール上のメモリからデータを入出力する単位。
メモリコントローラはランク単位で制御を行うため、制御可能な数を超過してのメモリの搭載は不可。

意味がほぼ同じ語として”バンク”が存在する。
こちらは通常、メモリモジュール1枚を基本として、複数枚で構成することが念頭にあるイメージ。
ランクはメモリモジュール上のメモリを複数に分ける説明に使われることが多い。
(そのため、メモリモジュールとしては1枚だがランクは2や4ということがある)
※ランクとバンクに明確な区別があるわけではなく、漠然としているが傾向として

メモリコントローラーがDIMM上のDRAMからデータを入出力する単位をランクと呼びます。
現時点ではシングルランク(1R)、デュアルランク(2R)、クアッドランク(4R)の
DIMMが存在します。
複数のランクを持つDIMMは、物理的には1つのメモリスロットしか占有しませんが、
メモリコントローラー上ではランク数分のシングルランクDIMMを搭載した状態と等価に扱われます。
メモリコントローラーによって扱えるランク数に制限がありますので、
複数のランクを持つDIMMを使用する場合には、搭載可能なDIMMの枚数が制限される場合があります。

(日本HP、導入する前のアドバイス 1.3. x86サーバーにおける一般的な規格および用語 より)

 

チャネル&SDRAM

※デュアルチャネル

DDR SDRAMのメモリモジュールを2枚1組で使用して同時に読み書きすることで、データ転送速度を向上させること。

同じ規格・同じ容量のメモリを二枚で一つのメモリとして扱うことで、メモリのデータ転送速度を倍にする技術。

(e-Wordsより)

 

※SDRAM

システムバスに同期して動作するDRAM (Dynamic Random Access Memory)。

(Wikipediaより)
→DDR2 SDRAM, DDR3 SDRAM

 

メモリ・その他

DIMMの種類(バッファがあるかどうか)

※DIMM

DIMM(Dual Inline Memory Module、ディム)は、複数のDRAMチップをプリント基板上に搭載したメモリモジュールのことを指し、コンピュータの主記憶として利用される。

(Wikipediaより)
⇔SIMM

 

その他

タグ: 単語・用語

 



関連する記事一覧