ラック
Home > ブログ > 記事 > 2015年2月 > SELinux無効にしたらカーパニ

SELinux無効にしたらカーパニ

カテゴリ: Linux

CentOS6.6をインストールして、SELinuxをdisabledにして再起動したらカーネルパニック発生。

kernel panic - not syncing attempted to kill init!

このメッセージの後にずらっとメモリの番地とかが箇条書きのように書かれてる状態。

こうなったら慌てず騒がず強制シャットダウンからの再起動で、CentOSがbootするカウントダウン中にエンター。

grubの起動メニューからCentOSを選択して、kernelの後ろに「selinux=0 enforcing=0」を追記してエンターで書き込み脱出、それからbでブート。これで立ち上がりました。

正常に起動したら、/boot/grub/grub.confに先ほどのパラメータを書き込んで恒久的にパラメータが有効になるように設定を加えます。

今度はコマンドでrebootして正常に起動することを確認。いやー、焦った焦った。

タグ: サーバ環境・構築, トラブル対処

 



関連する記事一覧