ラック
Home > ブログ > 記事 > 2015年3月 > phpで入力値の空判定・数字判定

phpで入力値の空判定・数字判定

カテゴリ: ホームページ

入力文字列が空かどうか判定し、空でない場合、さらに数字だけかどうか判定する、ということをやる場合。

//引数valueは入力値(変数)。
function blank_judge($value) {
	$bool = false; //空であるかどうかのフラグ
	if(empty($value)) { //渡された値が空の場合
		$value = "empty!"
		$bool = true;
	}
	else if(ctype_digit((string)$value)) { //渡された値が空ではなく、文字が全て10進数字ならば(ctype_digit関数で判定)、表示のためのカンマ挿入処理を行う
		$value = number_format($value);
	}
	echo $value; //出力
	return $bool;
}

空かどうかはemptyで判断。整数値0とかfalseも空とみなされるので注意(今回は0が正常な値として渡されることはないのでむしろこれで良いが)。

それと、0~9だけかどうかは正規表現で判定しようかと思っていたのだが、「ctype_digit」という関数があるのを知ったので使用。

ついでに数字を3桁ごとにカンマを挿入して出力する関数もデフォルト(number_format)で存在するという。

タグ: php, 手順

 



関連する記事一覧