ラック
Home > ブログ > 記事 > 2015年9月 > Excelで行が異様に縦に伸びる現象

Excelで行が異様に縦に伸びる現象

カテゴリ: Windows

現象としてはこれで2010で発生。わりと大量のデータを打ち込んだExcelのシートを開きながら作業していて、スクロールを繰り返したりすると、気付いたら1か所の行の縦幅が異常に伸びており、その下の項目が確認できなくなる、というもの。

こうなると現象が発生した行を跨いでスクロールが正常にできなくなるので、一度上書き保存で現状を保存してから閉じて開き直すと症状は直っている、という状態。

一々開き直すのが面倒な上、再現性がないが発生率はそれなりに高いのでどうにかならないものかと…。

 

特定のExcelで起きるわけではないですが、基本的に1つのExcelをコピーして作り直して…という作業をしているため、元になったExcelは同じ…という意味では特定のExcelになるかもしれず、何ともいえない状態。

かといってデータ量がそれなりにないと発生しないようなので、新規作成からだと症状が見られない(そもそも再現性がないので大量のテストデータを打ち込み→そのシートで運用的なテスト、というのが難しい)し…。

上記の [Excelのオプション] → [詳細設定] → [挿入したオブジェクトをセルと共に切り取り、コピー、並べ替えを行う] はデフォルトでチェック済みだったのでこれでは改善しない模様。

どうしたものかなぁ…。

タグ: トラブル対処

 



関連する記事一覧