ラック
Home > ブログ > 記事 > 2015年9月 > 五百羅漢寺

五百羅漢寺

カテゴリ: 雑記

世間はシルバーウィークですね。

特に何も予定を立てていなかったので完全に出遅れてしまい、結果巷には人が溢れて何処に行くのも大変な状態になってしまいました。

しかしながら、折角なのでどこかには行きたいところ。ということで思い付いた場所に行ってみることにしました。

思い付いた場所は、目黒区の五百羅漢寺。

 

写真は ギャラリー一括掲載 で。

 

 

目的としては上記の「獏王像」を見るため。

ホンモノは当然写真撮影禁止なので、ここにはその写真が印刷されているお守りを掲載しておきます。

江戸時代には枕の下に獏の姿や文字を書いた紙を入れて悪夢を避けたとされる獏の名を冠する像です。

が、人面で額に第三の目、胴体にも左右それぞれ三つずつ目があり、背中から日本の角が生えたその姿はどう見ても…白澤です。はい。

実際、展示にも「獏王(白澤)像」とありましたし。

これは文政13 (1830) 年に発行された『嬉遊笑覧』に

白沢は獏なり

と記されるなど、獏と白澤が同一視されていたため。

獏と白澤が同一視されていた、という点は誰かさんのキーになりそうですね。

 

まさにそのために見に行ったのですけどね。途中蛸薬師や目黒不動尊にも参詣しましたが、目黒不動尊は時間がなかったので写真なし。

タグ: 元ネタ・考察, 探訪, 旅行記, フォトギャラリー, 参拝記

 



関連する記事一覧