ラック
Home > ブログ > 記事 > 2016年1月 > Ajax入門(自分用メモ)

Ajax入門(自分用メモ)

カテゴリ: ホームページ

「我がJSの非同期処理の世界に…入門してくるとは…!」

Ajaxという名前からAja(エイジャ)を連想されるかもしれません。でも赤石ではありません。

…前置きが過ぎました。奇妙な冒険は一切関係ないです。もしかしなくてもオラオラではありません。

 

簡単な説明はこの辺りで。

Ajaxの名前は「Asynchronous JavaScript + XML」の略ということになっていますが、XMLは必須ではなくてJSONなどでも良い、と。

 

もうちょっと詳しくはこちらで。Ajaxの名前の登場が2005年、それから2年後の記事。

今となっては古い記事ですが、当時から見てそれまでのWebとAjaxを使用したWebがどう異なるか、仕組みを図入りで紹介しているので分かりやすいと思います。

 

技術的な面ではなく、歴史的な面としての記事であればここは参考になりそうです。いかにもページ遷移で待たされることがよく分かるインターフェイスの地図のスクリーンショットが貼り付けられています。

…もうこんなWebサイトというかアプリには戻れませんね。

 

今となってはそこら中で使われいるAjax。

Google Mapで使ってることで一躍有名になり、今までJavascriptが装飾やお遊びとしてしか認識されず、セキュリティ的な観点から普通はJavascriptの使用はオフにしておく、という概念が一気に覆った、という流れ。

確かに昔はブラウザでJSの使用は切ってましたね…ああ懐かしい。

一方でスマホの登場、AppleがFlashを嫌ったことで一気にFlashが廃れたのもJavascriptの躍進を後押ししたようにも思えます。

そのため、Javascriptは大きく2つの方面…フロントエンド:サイトの装飾と、バックエンド:Webアプリケーション等…とあちこちでJavascriptが動いている、という状態に。

(※サーバサイドでというと「Node.js」辺りが有名ですかね。)

 

そうした中でJavascriptをベースにしたライブラリやフレームワークが台頭する、と。

よく使っているjQueryもその中にあり、ご存じのようにCSSのセレクタの書き方のように指定ができるのがウリのライブラリ。

同時に、今回のテーマであるAjaxもサポートしており、その動作を記述することができます。

本来の目的は「画像の遅延読み込み」だったのですが、ちょっと気になって今まで深く調べていなかったAjaxについて改めてメモしておきます。

タグ: javascript, jQuery, 単語・用語

 



関連する記事一覧