ラック
Home > ブログ > 記事 > 2016年5月 > オープンソースカンファレンス 2016 Gunma

オープンソースカンファレンス 2016 Gunma

カテゴリ: 雑記, ホームページ, Linux, サーバ, プログラム

去年は東京の明星大学で行われたオープンソースカンファレンス(長いので以下OSC) Tokyo/SpringTokyo/Fallに参加しましたが、今回は『オープンソースカンファレンス2016 Gunma』に行ってきました。

OSCは全国各地で行われていますが、群馬では初開催とのこと。

名古屋や北海道、あるいはRubyの聖地である島根等とは異なり地方である群馬での開催と言うことで、行く前は楽しみ半分怖さ半分といったところでした。

 

概況

ブース数が少ないなー、とは思っていた(OSC Tokyoと比べてはいけませんが)のですが、蓋を開けてみて納得。

会場に行ったことがないので、行く前は4Fまるまるイベントスペースかと思っていました。

しかし実際は、売り場と壁をや梁を隔てて区切られた隣の区画、つまりフロアの一部分がイベントスペースでした。

確かにこの面積では致し方なし。出展数もそこそこ。

個人的にはショートセッションを行っている場所が展示スペースとパーティションで隔てただけなので声がよく通り、出展者と会話がしづらかったことが難点でした。

次回はスペースの拡充してくれると嬉しいです。

それから、セッション時間10分というとどのようなブースが出展しているか、という情報+αくらいがやっと、というところで、深く話を聞こうとしたらブースに直接赴く方が良さそうだと思いました。

セッションを聞く、という受動的な行動だけではなく、自らブースに赴いて質問したり話をしたりする、という能動的な行動も必要だと感じました。

 

個人的な雑感

やはりこういう場所で話をすると新しい情報やとんがった人・ツールに出会えるので良い刺激になりますね。

 

ネタ

それはソース違いや!

タグ: javascript, イベント, ネタ, サーバ環境・構築

 



関連する記事一覧