ラック
Home > ブログ > 記事 > 2016年6月 > Vivaldiのエンコーディング

Vivaldiのエンコーディング

カテゴリ: ブラウザ

現状(ver 1.2.490.43)では、Vivaldiにメニューなどから簡単にエンコードを指定する方法がありません(少なくとも、他のブラウザのように表示→エンコード、といったようにメニューを開いたところにエンコードを指定する項目がない)。

方法としては、「ツール」→「設定」で設定画面を開いて「Webページ」のサイドバーを開くか、


vivaldi://settings/webpages/

とURL欄に打ち込んで上記の「Webページ」設定画面を直接開くか、のどちらかで設定画面を開いて、「デフォルトの文字エンコーディング」をプルダウンから選ぶ形になります。

選んだらその時点でデフォルトのエンコードが変更されているので、文字化けしたページを再読み込みすれば反映されます。

そうやって正しい文字コードを選んで、閲覧が終わったらデフォルトに戻して設定画面を閉じる…と。

現状ではそんな運用になりそうです。

…地味に不便なので、これは早めに解消して頂きたいですね。

タグ: Chrome, Vivaldi

 



関連する記事一覧