ラック
Home > ブログ > 記事 > 2016年10月 > Instagram APIによる特定ハッシュタグの画像の抽出

Instagram APIによる特定ハッシュタグの画像の抽出

カテゴリ: ホームページ

  • 自分のアカウントの
  • 特定のハッシュタグが付いた画像を
  • 件数制限なしで抽出

Instagramで上記のようなことをやりたくなりました。複数アカウントを持つわけではなく、1つのアカウントで複数の用途(ハッシュタグにより用途を分別)しているような場合、こういうことはやりたくなるものですね。例えば、「日常全般と特定の分野(ネコの写真)を一緒くたに投稿(ただしネコの写真にはハッシュタグ付与)しており、サイトにはネコの写真だけを抽出したい」とか。

こういう場合、どうすれば良いのかなー、と思って調べてみたのですが…

どうやら一筋縄では行かないようです。WordPressの場合、有料のプラグインを使用してなんとかできるようですが…そうではない場合、自前でやるには厳しい審査を受ける必要がある模様。用途を細かく書いたり、個人の趣味の範疇ではどうも難しそうな感じがします。

ということで、ちょっとこれは諦めモードです。特定用途向けの専用アカウントを作ってしまうのが一番簡単でしょうか。あるいは、別のSNSやサービスを使用するか…。

いずれにしても、実際に使用してみてある程度運用しないと需要が発掘できなかったり、気にしなかったりするので今回の件は一つの知見を得られたということで納得しておきますか。自分用の備忘録の意味も含めてメモしておきます。

タグ: SNS

 



関連する記事一覧