ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年6月 > 自分用にセキュリティ関連のサイトの情報をまとめ

自分用にセキュリティ関連のサイトの情報をまとめ

カテゴリ: ホームページ,プログラム,開発環境

タイトルの通り、自分用にセキュリティ関連のサイトの情報をキュレーションしたページを作りたくなりました。…が、JVNやIPAがrdf形式(rss1.0)なので、今まで使っていたRSSパーサではうまくパースしてくれず、エラーを吐いて止まってしまったので困りました。

探したらいろいろな形式に対応したパーサがあったので、これを使うことに。…が、これはComposer必須でした。

ということで、Composerを導入することにしました。


> d:
> cd d:\xampp\php
> php -r "readfile('https://getcomposer.org/installer');" | php
> echo @php "%~dp0composer.phar" %*>composer.bat

今回はDドライブにXAMPPが入っているので、DドライブのXAMPPフォルダに移動してから参考サイトのコマンドを実行。


> composer -V
Composer version 1.4.2

入りました。


> composer self-update
You are already using composer version 1.4.2 (stable channel).

一応アップデートがあるか確認し、最新であることを確認。

あとは環境変数でパスを通(d:\xampp\php をPATHに追加)して、composer installして使えるようにしました。

以上の結果サクッと作ったのが「Security Curation」になります。サーバサイドでRSS取得しているので表示に時間がかかってしまうのは…まあ、仕方ないですか。

タグ: php

 



関連する記事一覧