ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年8月 > git pullしてみた

git pullしてみた

カテゴリ: 開発環境

一人の開発ですと、

  • git cloneして作業を始める
  • 修正したファイルをgit addでステージに加える
  • git commitでコミット。正確にはgit commit -m "hoge"でコメント付き
  • git push origin masterでリモートリポジトリ(この場合はマスターブランチ)にチェックイン

大体これで済んでしまうので、なかなかgit pullする場面に遭遇しなかったりします。当然、git diffもあまり出番がなく。

しかし、別のPCで作業したことで差分が生まれたので漸く試しました。

/directory (master)
$ ls
gulpfile.js  origin/  package.json  readme.md  src/  url.txt

/directory (master)
$ git fetch origin
remote: Counting objects: 3, done.
remote: Compressing objects: 100% (1/1), done.
remote: Total 3 (delta 2), reused 3 (delta 2), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (3/3), done.

# 略

/directory (master)
$ git diff origin/master
diff --git a/package.json b/package.json
index 6744b5c..f8f59e2 100644
--- a/package.json
diff --git a/package.json b/package.json
index 6744b5c..f8f59e2 100644
--- a/package.json
+++ b/package.json
@@ -5,8 +5,8 @@

# 略

/directory (master)
$ git pull origin master

# 略

行ったことは大したことではないですが、何度かは見返すことになるだろうなー、と思って記録しておきます。

参考

タグ: 手順,Git

 



関連する記事一覧