ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年9月 > Ansibleでyum updateした

Ansibleでyum updateした

カテゴリ: サーバ

# less inventory/hosts

[targets]
yyy.yyy.yyy.yyy

# vi yum_update.yml

- hosts: targets
  user: root
  tasks:
    - name: yum -y update
      yum: name=* state=latest

# ansible-playbook -i inventory/hosts yum_update.yml

PLAY [targets] *****************************************************************

TASK [Gathering Facts] *********************************************************
ok: [yyy.yyy.yyy.yyy]

TASK [yum -y update] ***********************************************************
changed: [yyy.yyy.yyy.yyy]

PLAY RECAP *********************************************************************
yyy.yyy.yyy.yyy              : ok=2    changed=1    unreachable=0    failed=0

#

上記のような操作をして、実際にyyy.yyy.yyy.yyyのvar/log/yum.logでyumされたことを確認。ただ、失敗はしませんでしたが少し時間がかかったのでタイムアウトが心配になりました。そこで、下記のようにasyncとpollを追加しました。

# vi yum_update.yml

- hosts: targets
  user: root
  tasks:
    - name: yum -y update
      yum: name=* state=latest
      async: 5
      poll: 0

こんな感じで。なお、

  • async: 終了まで待つ時間
  • poll: チェックする間隔

という意味だそうですが、待たなくて良いならばasyncではなく、pollを0にすれば良い、とのこと。

参考

shellの場合はまた違う書き方になりますね。

タグ: サーバ環境・構築,構成管理ツール

 



関連する記事一覧