ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年10月 > Githubでフォークしたリポジトリを本家に合わせて更新したい

Githubでフォークしたリポジトリを本家に合わせて更新したい

カテゴリ: 開発環境

Githubでとあるプロジェクトをフォークしたリポジトリを、本家に合わせて更新したいということになりました。そこで実施した内容についてメモ。

内容としては、

  1. 本家のリポジトリをupstreamという名前で登録
  2. ローカルリポジトリでfetch, merge
  3. リモートリポジトリにpush

という形で行うようです。

$ git remote add upstream https://github.com/ORIGINAL/PROJECT.git

$ git branch -a
* master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/master
## emotes/upstream/masterは出ていないが、fetch後に出てくることもあるということで気にせず進める

$ git fetch upstream
remote: Counting objects: 22, done.
remote: Compressing objects: 100% (2/2), done.
remote: Total 22 (delta 13), reused 15 (delta 13), pack-reused 7
Unpacking objects: 100% (22/22), done.
From https://github.com/ORIGINAL/PROJECT
 * [new branch]      master     -> upstream/master

## fetchして取り込み

$ git merge upstream/master
Auto-merging package.json
Merge made by the 'recursive' strategy.
 gulpfile.js                  | 14 ++++----------
 package.json                 | 14 +++++++-------
 readme.md                    | 21 ++++++++-------------
 src/ejs/common/_header.ejs   |  2 +-
 src/scss/common/_header.scss |  8 ++++++++
 5 files changed, 28 insertions(+), 31 deletions(-)

## マージコメントはなしで:wqで終了させてマージ完了

$ git remote -v
origin  https://github.com/FORKED/PROJECT.git (fetch)
origin  https://github.com/FORKED/PROJECT.git (push)
upstream        https://github.com/ORIGINAL/PROJECT.git (fetch)
upstream        https://github.com/ORIGINAL/PROJECT.git (push)

## 双方あることが確認できる

$ git push -u origin master
Counting objects: 25, done.

## (略)

## pushでリモートリポジトリに反映

これでOK。

参考

タグ: Github,Git

 



関連する記事一覧