ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年10月 > GitLabのインストールとテストのメモ

GitLabのインストールとテストのメモ

カテゴリ: サーバ,プログラム,開発環境

プライベートなプロジェクトのコードを置くリモートリポジトリが欲しいと考えました。そこで、オープンソースのGitLabを使ってみることにしました。

GitLabインストール

公式サイトのインストール方法(Installation methods for GitLab | GitLab)でやろうとしたところ、

# curl https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ee/script.rpm.sh | sudo bash
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
  0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:--  0:02:07 --:--:--     0
curl: (7) Failed connect to packages.gitlab.com:443; 接続がタイムアウトしました

と怒られてしまいました。

が、時間をおいて再度実行するとできました。もしかしたら最初は専用のディレクトリを作ってそこで実行しようとしていたため、root直下でないとシェルのパスが通らない、とかでコケていたのかも?

# curl https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ee/script.rpm.sh | sudo bash
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100  6399    0  6399    0     0   7267      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--  7271
Detected operating system as centos/7.
Checking for curl...
Detected curl...
Downloading repository file: https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ee/config_file.repo?os=centos&dist=7&source=script
done.

## (略)

The repository is setup! You can now install packages.
# sudo yum install -y gitlab-ee

## (略)

       *.                  *.
      ***                 ***
     *****               *****
    .******             *******
    ********            ********
   ,,,,,,,,,***********,,,,,,,,,
  ,,,,,,,,,,,*********,,,,,,,,,,,
  .,,,,,,,,,,,*******,,,,,,,,,,,,
      ,,,,,,,,,*****,,,,,,,,,.
         ,,,,,,,****,,,,,,
            .,,,***,,,,
                ,*,.



     _______ __  __          __
    / ____(_) /_/ /   ____ _/ /_
   / / __/ / __/ /   / __ \`/ __ \
  / /_/ / / /_/ /___/ /_/ / /_/ /
  \____/_/\__/_____/\__,_/_.___/


## (略)

完了しました!
#
# vi /etc/gitlab/gitlab.rb

external_url 'http://example.com:10080'

## 実際に使うドメイン・ポート番号に変更

# sudo gitlab-ctl reconfigure

## (略)

Running handlers:
Running handlers complete
Chef Client finished, 360/533 resources updated in 02 minutes 38 seconds
gitlab Reconfigured!
#

### firewalldはテストなのでoff

# gitlab-ctl start
ok: run: gitaly: (pid 13477) 133s
ok: run: gitlab-monitor: (pid 13515) 132s
ok: run: gitlab-workhorse: (pid 13493) 132s
ok: run: logrotate: (pid 13186) 182s
ok: run: nginx: (pid 13159) 188s
ok: run: node-exporter: (pid 13233) 176s
ok: run: postgres-exporter: (pid 13538) 131s
ok: run: postgresql: (pid 12877) 264s
ok: run: prometheus: (pid 13524) 131s
ok: run: redis: (pid 12817) 270s
ok: run: redis-exporter: (pid 13322) 164s
ok: run: sidekiq: (pid 13070) 201s
ok: run: unicorn: (pid 13032) 208s
#

OKっぽい。

指定したURLにアクセス

  1. デフォルトユーザはrootなので、rootでログイン(パスワード変更する)
  2. ログイン後、rootから別の名前にユーザ名を変更

一般ユーザでテストプロジェクトを作成

  1. 一般ユーザを作成
  2. 一般ユーザでテストプロジェクトを作成(右上の+から"New Project")
    • プロジェクト名を付ける
    • 権限はInternal(ログインしたユーザのみ)にしておく
  3. ローカルにあるソースコードをGitLabに送る
    1. git bashを起動
    2. 送りたいソースコードがあるディレクトリまで移動
    3. git init, git add, git commit -mする
    4. git remote add origin https://example.com:10080/USERNAME/PROJECTNAME.gitでリモートサーバを登録
    5. git push -u origin master
    6. Web画面でソースコードがプッシュされたことを確認

一通り動作することを確認できたので、後は個人的なプロジェクトを作っていくだけですね。

参考

追記

設定の続きはこちら

タグ: サーバ環境・構築,手順,Git

 



関連する記事一覧