ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年10月 > タスクスケジューラが「タスク イメージは破損しているか、または変更されています。」のエラーメッセージが出て開けない

タスクスケジューラが「タスク イメージは破損しているか、または変更されています。」のエラーメッセージが出て開けない

カテゴリ: Windows

Windows7のPCで

タスク イメージは破損しているか、または変更されています。

(HRESULT からの例外:0x80041321)

というエラーメッセージが出て、タスクスケジューラが開けない現象に遭遇。

Chromeが悪さをすることもあるようです。また、C:\Windows\System32\Tasks直下のファイルがタスクなので、それを一時的に退避することでタスクスケジューラを開くようになることができるとのこと。

今回遭遇したケースでは、複数のタスクファイルが壊れていて特定しきれませんでしたが、備忘録のために。

また、どのようなタスクがあるのかの確認であれば、レジストリからも確認できるようです。


HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Schedule\TaskCache

ここにあるキーがタスクなので、「タスクスケジューラが開けないけれど、どのようなタスクがあるかの確認をしたいだけ」であれば、この方法も使えますね。

タグ: トラブル対処

 



関連する記事一覧