ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年11月 > IndexedDBに関するメモ

IndexedDBに関するメモ

カテゴリ: ホームページ,プログラム

IndexedDBについて軽く調べたのでメモ。

ローカルでIndexedDBを使用する場合の注意点

セキュリティ上の理由から、インデックス付きデータベース API は、Windows Internet Explorer で http、https、ms-wwa または ms-wwa-web プロトコルを使った場合にのみ動作します。つまり、Internet Explorer では、ローカル HTML ページ (file://) を使ってインデックス付きデータベース API を完全に実行することはできません。

IndexedDB を使ってファイルをローカルに保存する (Windows).aspx)

IEではローカルなHTMLでのIndexedDBの使用は不可。

ローカル使用: インデックス付きデータベースで、"file://" URI スキームによって読み込まれる Web ページがサポートされるようになりました。開発者は、ディスク上のファイルにアクセスしてこれらの API を使うことができます。

IndexedDB (Windows).aspx)

Edgeでは許可されているようです。

IndexedDB Support

Safari’s IndexedDB implementation now fully supports the recommended standard.

Safari 10.0

Safariは10.0からIndexedDBをサポートしているようです。

SecurityError (DOM Exception 18): IDBFactory.open() called in an invalid security context.

しかし、SafariでローカルなHTMLでIndexedDBを使用しようとすると、上記のエラーがコンソールに吐かれてしまいます。通常のWebページとしてなら問題なく動くため、やはり「ローカル上での操作はセキュリティの都合でNG」ということのようです。

Safari IndexedDB/WebSQL bug wishlist · GitHub


うーむ、ローカル環境で使用しようとすると結構制約がキツそうです……。あくまでWebアプリのキャッシュ、というのが良さそうです。

タグ: javascript,データベース

 



関連する記事一覧