ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年11月 > プルリクしたお話

プルリクしたお話

カテゴリ: 開発環境

人生で初めてプルリクしたので、備忘録の為にやり方をメモしておきます。

経緯

「今更RSSの話題?」という感じは否めないのですが、Feedlyで自サイトの記事で意図した画像が表示されないのが気になってしまいまして。テンプレート変数で用意したアイキャッチ画像をRSSフィードの中に挿入させたいと考えました。そこで、DittoのRSS出力で<![CDATA[ ]]>を含むコードを出力させようとしたのですが、上手く行かずにフォーラムで質問する流れになりました。ここでDittoの流れを追うために色々検証したのが、次の一連のツイートの流れになります。

で、このsubstrの部分だけでもプルリクしようとした次第。

おおまかな手順

今回の場合、手順としては

  1. Githubのプロジェクトをフォーク
  2. フォークしたGithubのプロジェクトからローカルにclone
  3. Githubへプルリク用のブランチをローカルで作成
  4. データを更新編集し、ローカルでaddとcommit
  5. Githubにpush
  6. Githubの元プロジェクトへプリリク

という流れになります。

実際の手順

1. Githubのプロジェクトをフォーク

GithubにSign Inして、フォークしたいプロジェクトまで移動。プロジェクトのリポジトリまで辿り着いたら、右上の「Fork」ボタンでフォークします。

GithubでForkボタンをクリックしてフォーク作成

2. フォークしたGithubのプロジェクトからローカルにclone

フォークが完了したら、ローカルにcloneします。

$ git clone https://github.com/USERNAME/PROJECTNAME.git

3. Githubへプルリク用のブランチをローカルで作成

cloneが完了したら、ブランチを切ります。

$ git checkout -b BRANCHNAME

4. データを更新編集し、ローカルでaddとcommit

そのままです。通常の変更と同様に修正箇所を修正し、addでステージングして、commitします。

5. Githubにpush

これもそのまま。コミットが完了したら、こちらも通常通りリモートリポジトリへpushします。

6. Githubの元プロジェクトへプリリク

プロジェクトの右上にある「Compare & pull request」ボタンをクリックして、プルリクします。

GithubでCompare & pull requestボタンをプルリク作成

プルリクの内容を編集し、「Create pull request」ボタンでプルリクを作成します。

プルリクの内容を編集

これで、プルリクは完了です。後は元プロジェクトの管理者がマージするなどの対応を待ちましょう。

参考

タグ: Github,Git

 



関連する記事一覧