ラック
Home > ブログ > 記事 > 2017年11月 > スマホの画面の色が変わってしまった場合の対処

スマホの画面の色が変わってしまった場合の対処

カテゴリ: スマホ

OSアップデートしたら「色を修正?最適化?しますか?」って言われて"はい"を押したら画面がおかしくなった

と呼ばれて駆け付けてみれば、確かにスマホ(Android)の画面の色が全部地味な色合いに……。赤や緑のような原色に近い色の彩度が抑えられており、例えばChromeのアイコンが枯れ葉のような感じになっていました。

使用者に聞き取りを行うも、メッセージの文言をうろ覚えにしか覚えておらず一字一句正確な文言が分かからず、その上症状を端的に言えば「色がおかしい」という状態なので、キーワードで検索しても液晶の故障のようなハード故障の症例が検索結果に並んでしまい、「違う、そうじゃない」という感じで朝から軽く詰みました。

アップデート後というタイミングはさておき、ソフト的に考えられる設定項目は……

  • ディスプレイのモード
  • 画質モードや明るさの調整

といったところですが、どちらも違う。となるとあと怪しい項目はユーザ補助辺りでしょうか。

すると、「ユーザ補助」→「色補正」という項目がありました。色弱の方など用のモードですが、これがONになっていました。

OFFにしたら戻ったので、これで一件落着。

状況推測しかできませんが、おそらく何かの拍子で設定を有効にしてしまったのでしょう。ということで解決。

タグ: トラブル対処

 



関連する記事一覧