ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年2月 > gulpにXAMPPのPHPを噛ませると上手く動かない

gulpにXAMPPのPHPを噛ませると上手く動かない

カテゴリ: ホームページ,開発環境

静的サイトではなく、WordPressサイトをgulpで開発する環境を構築しようとしました。が、表題の通り上手く動いてくれないのでもやもやしています。

  • gulp-sasssrcを指定する際、なぜか3階層(./static/src/scss/**/*.scssのような形)になるとcssファイルを生成してくれない
  • gulp-connect-phpでPHPを噛ませると普通の80/443ポートにリダイレクトされてしまい、自動リロードできない
  • gulp-connect-phpOptionsbase: "./"を指定すると、なぜかlocalhost/=localhost/dashboard/にアクセスしてしまう(gulpfile.jsの設置場所がルートのはず……)

課題は上記の3つ。最後のものはサブディレクトリまでプロキシのパスに含めれば解決しますが、本来はそういう挙動ではないはずですし……。


var connect = require("gulp-connect-php");
var browserSync = require("browser-sync");

gulp.task("connect-sync", function() {
	connect.server({ //php使うときはこっち
		port: 8001,
		base: "./",
		bin: "C:/xampp/php/php.exe",
		ini: "C:/xampp/php/php.ini"
	}, function (){
		browserSync({
			proxy: "localhost:8001/php_test/",
			open: 'external'
		});
	});
});

うーん、謎です。

タグ: javascript,php,サーバ環境・構築,gulp,仮想マシン,Node.js

 



関連する記事一覧