ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年4月 > Gistを使ってみる

Gistを使ってみる

カテゴリ: Webサービス

先日Gistというものがあることを知ったのでメモしておきます。

Gist単体で検索するとガンが出てきてしまうので検索の際は「Gist Github」というように組み合わせること推奨。

さて、このGistは何者かと言うと、ファイル1つのみの単体のコード(スニペット的なもの)やらドキュメントをバージョン管理するのに使えるようです。

一応複数ファイルも置けるようですが、全てがGithubのファイル一覧のように表示されてしまうのであまり向いていなさそう。また、Github Flavored MarkdownなMarkdownファイルはGithubリポジトリのreadme.mdと同様にhtmlに変換して表示されるので、Markdownファイルを見やすく管理するのに良さそうです。

それから、Githubと異なり、一応プライベートリポジトリも作成できるようです(URL直打ちしたら見られる程度なので、本当にプライベートにしたいような大事なものは置かないように)。

ということで、早速使ってみます。

まずはGistにアクセス。

Gistの新規作成

「New gist」で新規作成。

Gistの新規作成2

説明文、ファイル名、内容を適当に入力し、今回は公開のため「Create public gist」をクリックし、リポジトリ作成。

するとgistのリポジトリが作成されるので、そのURLをそのままコピって

# git clone https://gist.github.com/USER-NAME/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.git

とGitでクローン。

適当にファイルを整理して、公開したいMarkdownのドキュメントを作成。

あとは通常のリポジトリのように

# git add *
# git commit -m "hogehoge"
# git push origin master

といった具合にGitでステージング、コミット、プッシュします。

Gistで作成したドキュメントの一覧

そうすれば、Gistにアップできます。

ちょっとしたドキュメントの共有に便利ですね。

なお、画像については「リポジトリのパス + rawディレクトリ + ファイル名」という形で参照できる模様。

Gistでの画像の埋め込み

こんな感じです。

参考

タグ: Github,Markdown

 



関連する記事一覧