ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年5月 > ポメラDM100のデータをFlashAirで転送する

ポメラDM100のデータをFlashAirで転送する

カテゴリ: デバイス・ガジェット

Evernoteとの連携は失敗したので、異なる手法を取ってみることにしました。

Bluetoothでのファイル転送もあるようですが、自分のスマホにはBluetoothでペアリングした端末のファイル一覧を閲覧するエクスプローラのアプリはインストールされていなかったので保留。

また、FlashAirを購入してしまったので、折角なのでこれを使ったやり方をやってみたい。ということで、FlashAirによるファイル転送を試してみました。

  1. 無線の接続まではEvernote連携と同じ
  2. FlashAirの接続方法でファイル転送を選択
    FlashAirの接続方法の選択で、Evernoteではなく「ファイル転送」を選択
  3. 接続終了のメッセージ
    「接続を終了しました。Enterキーを押してください。」と出ますが、このタイミングでスマホで無線APを探します
  4. 無線の一覧
    無線の一覧にflashair_*************というようなAPが表示されたら、それをタップ
  5. 無線の接続キーの入力
    通常の無線APと同様、認証キーを訊かれるので12345678を入力して接続
  6. FlashAirの無線に接続完了
    接続が完了すると、プッシュ通知で「Wi-Fiネットワークにログイン」という通知が来るので、これをタップ
  7. FlashAirの無線に接続完了
    すると、標準のブラウザが起動してhttp://flashair/というアドレスにアクセスするので、これを表示。DCIMの中にファイルがありました
  8. FlashAirで接続したDM100のファイルをスマホから開いた図
    ファイルを開くと、中身を見ることができました

惜しむらくは、ブラウザでの表示のため、ファイルをスマホの中にコピーしたりはできないということ。全選択してメモ機能アプリに保存する必要があるようです。ちょっと手間ですね……。

ということで、FlashAirのファイル転送では上手く行きましたがちょっと手間がかかる、という感じになりました。

参考

Bluetoothでのファイル転送の参考

Bluetoothでのファイル転送はBluetooth通信上のデバイスを参照できるエクスプローラが必要な模様

タグ: ポメラ

 



関連する記事一覧