ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年5月 > ポメラDM100の内部ソフトウェアのアップデート

ポメラDM100の内部ソフトウェアのアップデート

カテゴリ: デバイス・ガジェット

理由はまた別の機会に記述するとして、ポメラDM100の内部ソフトウェアのアップデートをしてみたので、そのメモを。

メニューキーを押して「設定」タブを開いたところ

まずは現在のバージョン確認。DM100のメニューキーを押して、「設定」タブを開き、「バージョン情報」を選択。

バージョン情報を確認

現状は1.2.10.0であることが確認できました。DM100ソフトウェアアップデートの案内に拠ると、最新は1.5.00.0とのことなので最新までアップデートします。

やり方はポメラDM100ソフトウェアアップデート方法(pdfファイル)にある通りに実施します。

  1. 「ポメラ」DM100ソフトウェア(Ver.1.5.00.0)ダウンロードサービスを受けられる方の「「ポメラ」DM100ソフトウェア(Ver.1.5.00.0)をダウンロードする。」のリンク先からソフトウェアをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを解凍
  3. 電源が入っていない状態のDM100とPCをUSBケーブルで接続
  4. 解凍したbinファイルをDM100のSDカードのルート直下にコピー
    2.で解凍したフォルダの中のbinファイルをDM100のSDカードのルート直下にコピー
  5. PCからDM100を取り外す(USBケーブルを抜く)
  6. 今度は電源を入れた状態のDM100をUSBケーブルでPCと接続
  7. メニューの中の「設定」タブからバージョン情報を選択し、バージョン情報が表示されている状態でエンターを押す
  8. アップデートするか訊かれるので実行
    ソフトウェアのアップデートをするか訊かれるので「はい」で実行
  9. 実行中のパーセンテージなどが表示される
    ファイルの書き込みなど実行中のパーセンテージが表示されるので少し待つ
  10. アップデート完了の表示
    「アップデートが完了しました。再起動するためにUSBを抜いてください。」と表示されたら、画面の指示の通りUSBケーブルを抜く
  11. バージョン確認
    アップデートが完了したら、バージョン情報を再度確認。無事、1.5.00.0に上がりました。

このような手順でアップデートできました。

タグ: ポメラ

 



関連する記事一覧