ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年6月 > Trelloを使ってブログ的なことができないか(Trello APIテスト)

Trelloを使ってブログ的なことができないか(Trello APIテスト)

カテゴリ: Webサービス,Web自作

Trello APIを使って、Trelloに書き込んだ内容をブログ的に表示させるテストを行ってみました。

この着想は以前の「Trello APIなるもの」の記事で取り上げたNuxt.jsと連携させたサンプルを見てインスパイアされたもので、自分で試して得られた知見としては、思いついたことや備忘録代わりのノートとしては使えそうな感じだということ。

ただし、Trelloのカードは表面的にはdateLastActivity、つまり最終更新日時しかなく、「カードの作成日」は各カードのアクティビティログを深堀りしていく必要がありそうでした。つまり、ブログではよくある「作成日ごとのソート」や「作成日の分類による年月アーカイブ」はちょっと手間がかかりそうな感じです。

そのため、日付で記事を探すことは保留にして、カテゴリ(今回はリストを使用)やタグ(同じく、ラベルを使用)による分類からの検索しか行わないならばありであないでしょうか、というのが現在の個人的な感想です。

今さらっと書きましたが、今回はWordPressに例えると

  • ボード: 投稿(カスタム投稿タイプ)
  • リスト: カテゴリ(カスタムタクソノミー)
  • ラベル: タグ(カスタムタクソノミー)

といった用途でTrelloの各機能を使った形になります。この使い方ですと、カテゴリが増えるとTrelloの画面で横に伸びていくので、カテゴリが多くなりそうな分野もちょっと考えた方が良さそうな気がします。

といったところで、実験のまとめでした。

タグ: php,Trello,json

 



関連する記事一覧