ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年7月 > Gitリポジトリの改行コードを制御する方法

Gitリポジトリの改行コードを制御する方法

カテゴリ: Windows,開発環境

経緯

野暮用でWindows用のbatを作ることになり、ちょいちょい改修があったのでGitでバージョン管理することにしました。

その後、batをGitlabからダウンロードしたのですが、改行がなくて1行になってしまうという現象に遭遇。

ああ、Gitlab上ではLFのみになっていたので、メモ帳(CRLFで改行と認識するテキストエディタ)などで開くと改行がなくなる、と……。

対処

仕方ないのでこのリポジトリのみ改行コードをCRLFとするように設定する方法を探しました。すると、どうやら下記の方法で行けそうな感じでした。

  1. ローカルリポジトリの.git/configファイルを開く
  2. [core]のディレクティブにautocrlf = trueを追記。例えば、
    
    [core]
        # 途中色々パラメータが書いてあるが、[core]の末尾に下記を追加
        autocrlf = true
    
  3. これでコミットしなおす。
    • 場合によっては
      1. 一度全ファイルを削除
      2. その後チェックアウトする
      3. 全てのファイルの改行コードを置換
      4. コミット

      ということをする必要があるかも

備考


git grep --cached -I $'\r'

git bash上から上記コマンドでリポジトリ内のCRを見付けることができる。

参考

タグ: トラブル対処,Git

 



関連する記事一覧