ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年7月 > Trello APIを使ったカレンダーの改修

Trello APIを使ったカレンダーの改修

カテゴリ: Webサービス,Web自作,タスク管理

再びTrelloネタ。以前Trelloの複数ボードをまたいだカレンダーと実績一覧の作成ということで作成したカレンダーと実績の出力を改修しました。

ユーザーの絞込み

Trello APIを使った予定カレンダー、ユーザーによる表示の絞り込み

個人で使う分には問題ないのですが、仮に複数ユーザーで使っていくと、予定がカレンダーにぎっしり入ってしまいます。そうすると、「誰か一人の予定」のみをピンポイントで知ることが難しくなるので、ドロップダウンでユーザー絞り込み機能を付けました。これでスッキリ。

祝日の表示

Trello APIを使った予定カレンダー、祝日による絞り込み

6月は祝日がない唯一の月なので気にならなかったのですが、7月には海の日があります。

そうすると、祝日を平日と誤って予定を入れてしまう可能性があるので、Yasumiというライブラリを使って祝日をちゃんと表示するようにしました。祝日の名称も入っているので、間違えることもないでしょう。

ということで、大きな点として2点改修を加えたので、メモしておきます。

参考

タグ: ,php,Markdown,Trello,カレンダー

 



関連する記事一覧