ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年8月 > ディスク故障したPCからデータをサルベージ

ディスク故障したPCからデータをサルベージ

カテゴリ: Windows

まず保険のためにイメージを丸ごとクローン作成しようとしたのですが、不良セクタが検出され「読めないよ!」と怒られました。所要時間も7分→2日→3日……と進退を繰り返すものの、3時間経過しても一向にプログレスバーが進まなかったたのでディスク故障、クローン作成不可と判断。

仕方ないので処理を終了してUSBからLubuntu14.04を起動、問題のディスクをPCから外して外付けディスクとして認識させ、データファイルをサルベージする方針に切り替えました。

Lubuntuでディスクを繋いでみるとドライブは認識したものの、そのドライブを開こうとすると

Error

An operation is already pending.

と出て開けず。試しに


$ sudo mkdir /media/tmp
$ sudo mount /dev/sdb1 /meia/tmp -o force

としてブートのパーティションが読めるか試したところ、エラーが出て失敗(エラー内容は控えるのを忘れました)。次に


$ sudo mkdir /media/tmp2
$ sudo mount /dev/sdb2 /meia/tmp2 -o force

として次のパーティションがマウントできるか確認したところ、「既にマウントされているよ」というメッセージが。……何ですって?

慌てて見てみると、確かに読めるようになっていました。読み込みまでに時間がかかったのか、上記のマウント操作が何かのきっかけになったのかは不明。

ひとまずディスクの中身が見られたので、見られるうちに何とかせねば。

Lubuntu14.04はNTFSのファイルシステムを認識するので、他のPCでNTFSフォーマットしたディスクを用意して接続。問題のディスクから片っ端からデータファイルのサルベージを敢行。

さて、これでひとまずは応急処置、と……。

参考

「An operation is already pending.」で検索して引っかかったので試してみた処置。

タグ: トラブル対処

 



関連する記事一覧