ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年10月 > Trelloのタスクを監視し、完了したらSlackで褒めてくれる雷bot 2

Trelloのタスクを監視し、完了したらSlackで褒めてくれる雷bot 2

カテゴリ: プログラム,Webサービス,Web自作,タスク管理

以前記事にまとめましたが、今日までの改修によりbotのセリフ保守などを行うためのWeb管理画面を追加したので、再度記事にします。

ログインページ

ちょっと文字が折り返してしまってますがログインページ。ちなみに、全体の色は雷の髪の色をイメージしています。

最新の通知10件を出す管理画面トップページ

ログインして管理画面に入ると、通知メッセージのうち、この管理画面上で既読としてフラグが降りていない新着の通知を最大10件まで表示します。

「既読済み」としてチェックを付けて更新すると一覧からは表示されなくなる、というよくある最新の通知の表示機能です。

通知の検索

通知検索画面では、過去の通知メッセージの中から該当するキーワードを含むメッセージを検索できます。

これで「あれ、数ヶ月前にこなしたはずのタスクっていつやったんだっけ?」と確認できます。ちなみに、こちらは既読済みでも一覧に残ります(末尾に移動しますが)。

「マスタメンテナンス」の方では、冒頭で述べたようにセリフマスタなどを操作できます。

セリフマスタ保守

セリフマスタ保守では、通知メッセージに使用するメッセージの新規追加・修正・削除ができます。

セリフの新規登録

既存のものは一覧の中がテキストボックスなので直接編集する形ですが、新規の際はモーダルで。

ボードマスタ保守

ボードマスタ保守は、Trelloのボードのうち、どのボードを監視するかの一覧を登録・修正・削除するためのものです。運用によってボードを増やしたり減らしたりが考えられるので、この画面もあった方が良いと判断しました。

以上、ざっとですがこんな感じの管理画面を作って、運用・保守を簡単に出来るように改修しました。

タグ: ネタ,php,サーバ環境・構築,Trello,Slack

 



関連する記事一覧