ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年10月 > cronで強制コピー

cronで強制コピー

カテゴリ: サーバ

経緯としては、「ある特定の日時に起動して、ディレクトリ以下のサブディレクトリ・ファイル一切合財を別のディレクトリにコピー」する必要に迫られたことに端緒を発します。

その特定の日時がどうしても自分の都合が付かなかったので、cronにお願いすることにしました。


00 23 25 10 * user \cp -rf /var/www/hogesite/dev/* /var/www/hogesite/

ということで、「10/25の23:00に、hogesiteの開発用のサブディレクトリdevから、1つ上のhogesiteのルートディレクトリへuser権限で強制コピー(確認なし)」するにはこんな感じで。ちなみにcpコマンドの頭の\はエイリアスを無効化するためのものです。デフォルトだとcpcp -iのエイリアスになっていて、必ず確認を聞くようになっている環境があるため、-iオプションを付けないようにするためにエイリアスを無効化したという感じです。

参考

タグ: サーバ環境・構築,シェル

 



関連する記事一覧