ラック
Home > ブログ > 記事 > 2018年11月 > 最後がドットで終わるフォルダを削除

最後がドットで終わるフォルダを削除

カテゴリ: Windows

Windowsマシン上で、node.jsでファイルを操作するプログラムを作成している途中で誤って最後がドットで終わるフォルダを作成してしまいました。そのあと、それに気付かずに手動でドットがない名前のフォルダも作成してしまいました。


project_root ┬ hoge
             ├ piyo
             ├ fuga  //後で追加してしまったフォルダ
             └ fuga. //ドットが付いた問題のフォルダ

こんな感じのフォルダ構造に。

上記のうち、「fuga」と「fuga.」がある状態で「fuga.」のフォルダを普通に削除しようとすると「fuga」が消えてしまい、「fuga.」は残る(しかも中にはアクセスできないので、おそらくインデックスだけが残っている)という気持ちの悪いことになってしまいました。中身は「fuga」と「fuga.」で共通なので、おそらく「fuga=fuga.」として認識しているのだと思います。

どうしても「fuga.」が消えてくれないので検索したら、コマンドプロンプトで解決できました。

方法としては、「/sオプション付きのrdコマンドで、\\?を先頭に付けてフルパスで指定する」と消えます。

上記のproject_rootD:\path\to\project\project_rootという場所にあったとすると、


> rd /s "\\?\D:\path\to\project\project_root\fuga."
\\?\D:\path\to\project\project_root\fuga.、よろしいですか (Y/N)? y

という感じで、本当に消して良いか聞かれるのでyで答えてあげれば消えてくれました。

つまらないところでもにょっとしましたが、これでスッキリ。

参考

タグ: トラブル対処

 



関連する記事一覧