ラック
Home > ブログ > 記事 > 2014年6月より前の記事(Jimdoサービス利用時期の記事) > もうちょうど一ヶ月前になりますが…(2013/2/23)

もうちょうど一ヶ月前になりますが…(2013/2/23)

カテゴリ: 雑記

※Jimdoブログの2013/2/23の記事の再掲です。

※※写真はギャラリーに移動しました。

漸く、一ヶ月前…1/25の諏訪で行われた御神渡り拝観式を見学しに行った時の写真を取り込んだのでアップしようかと思います(遅
ええ、音速遅くて申し訳ないです。

前日、帰宅→準備時間十分くらいというとんぼ返りで出発して、現地に今日と明日の境界というくらいの紫様が大変好みそうな時間に到着して睡眠時間もロクに取れずに行動していたせいで、旅中の行程やらをメモする暇もなかったので旅行記ではなく写真だけで…。

上諏訪だと人が多くて近くで見られない、ということで予め下諏訪で待機し、神事を見ることに。ほとんど誰もいない場所でじっと待ちます。確かに、ほとんど報道関係の人しかいませんでしたね…。

ちなみに朝から雪が舞う生憎のお天気で、暗く、視界が悪かったです。

写真は下諏訪側で今回一番大きく隆起していた場所とか(…去年に比べて小さめだそうで。あと、雪のせいで見分けが付きにくいというのも相まって…(汗

また、神事(お祓い)のときは横なぶりの雪…完全に吹雪状態で風も強く、凄まじい状態でした。カメラも構えてられないほど…。

しかしお祓いが終わってすぐに吹雪は止んで太陽も顔を覗かせましたけどね!なんだったんでしょうあの吹雪…。タイミング的に狙ったとしか思えないピンポイントスノーストームでした。

他の場所を見て回って、お昼過ぎにもう一度見てみたらだいぶ氷が解けてました。
…同じ日でもこれだけ変化するものなのですね。御神渡りそのものだけでなく、こうした変化も含めて、改めて自然の凄さや「動き」を感じることが出来ました。絶えず変化しているものなのですね…。

最後はオマケです。
道を歩いていたら、朝の吹雪で積もった新雪が日中も続いていた強風で吹き飛ばされ、砂漠の流砂のように風による波紋のような文様ができていました。面白いものを見られたのでパシャリ。

タグ: 元ネタ・考察, 探訪, フォトギャラリー, 自然・天候

 



関連する記事一覧