ラック
Home > CMS > 記事 > 2014年12月 > mailtoの自動補完

mailtoの自動補完

カテゴリ: MODx, WordPress

やんごとなき用で別の某CMSのテストをしていたときに、「ビジュアルエディタでリンクを挿入した際に、そのリンクがメールアドレスだったら"mailto:"って付かないの?」という要望がありまして。

…確かにhtmlを苦手とする方がCMSで記事を編集していたら、メールアドレスを書く度にmailto:を付けなければならない、というのはなかなか難しいでしょうねぇ…。そもそもリッチエディタすら使わない身からするとなんのこっちゃ、ではあるものの、その辺りを補完できないか、と。

某CMSではサードパーティ製のプラグインを使うことで問題は解決できたのですが、ここで気になったことが一つ。「では、MODxではどうなのか?」と。

結論:自動で補完してくれた

まさかデフォルトの機能として実装済みとは…。

さすがにhref属性の値に記述されているメールアドレスをエンコードしてスパム対策する、という機能はなく、ソースコードに直書きされてしまっていますが…デフォルトのシステムにそこまで求めるのは行き過ぎかなぁ、と。そもそもmailtoはなるべく使用しない方が…とは思うのですけどねぇ。運用面でそうもいかないところもあって面倒なことです。

 

そういえば某CMS、デフォルトだと記事の複製ができないのですよね。それもサードパーティ製のプラグインを入れて初めてできるようになるという。でも、MODxならデフォルトで記事のコピーができるから楽です。ヤッパMODxジャナイデスカネー。

タグ: システム設定周り, メール

 



関連する記事一覧