ラック
Home > CMS > 記事 > 2015年11月 > Zenphotoのテスト

Zenphotoのテスト

カテゴリ: 未分類

最近Webベースでフォトギャラリーを作ってみようかなーという気が起きたので、フォトギャラリー特化のCMSを試してみようと思いました。

フォトギャラリー特化のCMSというのもいくつかあるようなのですが、その中でも前から名前は聞いていた「ZenPhoto」を試そうかな、と。

環境はざっくりXAMPPにインストールして触ってみることにしました。

 

まずは上記の公式サイトから最新のインストーラをダウンロード。11/10現在ではZenphoto 1.4.10 (Sep 21, 2015)が最新でした。

ローカルで解凍して…今回はXAMPPなのでそのままXAMPPの公開ディレクトリのに放り込みます(そのため、アドレスは「http://ローカルIP/zenphoto/」になりました)。

上記アドレスにアクセスし、インストール開始。

 


冒頭に示した参考サイトに拠れば幾つかエラーが出るはず、とのことでしたが実際パーミッションやデータベースでエラーや警告が出ていました。

 


警告やエラーの中で設定用のフィールドがあるので、慌てることなく設定を続けます。

 


何度か設定を入力して「保存」や「適用」をクリックしていくと、大体大丈夫そうな感じになりました。

 


最終的にはオールグリーンに。

 


直後、画面が遷移してライセンス同意画面になるので同意。

 


同意すると管理者IDとパスワードを設定することになるので設定。参考サイトに拠ると、ここで6文字以上かつ英数字記号(英数字のみでも可)を組み合わせたパスワードにしないと次回管理画面ログイン時にエラーで弾かれるそう。…それは設定チェックで弾いてほしいなぁ、とちょっと思ったり。

 


目出度くログイン画面になりました。インストールに成功したので、さきほど設定したIDとパスワードで入ります。

 


管理画面はこんな感じ。既にアルバムを2つ作ってしまっていましたが…。

 


アルバムごとの設定画面はこんな感じ。ざっと眺めただけだと結構項目数が多い感じが…。

大半デフォルトのままでも問題ないとは思いますが。

右下にタグ追加のテキストフィールドがあるので、ここでタグを追加すれば絞込み検索とかもしやすくなるのかな、という感じですね(実際には使ってないので雰囲気だけ)。

 


フロントページはこんな感じ。デフォルトのシンプルなテーマなのでミニマルな感じです。

表示はアルバムごとですか。

 


アルバムを開くと登録した写真の一覧が表示され…

 


写真をクリックすると写真の画面に。 ./アルバムの名前/写真の名前、というアドレスになるのですね。

 

ここでふと思ったのが、前後の写真への遷移がそのままページ遷移だということ。

うーん、LightBox系の機能とかプラグインとかないのでしょうか?

一通りデフォルトでインストールされているテーマをアクティベート(適用)してみましたが、どれもページ遷移でした。

プラグイン一覧でも見当たらない感じ。

 

写真の不正コピーを防止する機能やログインしたユーザのみに閲覧を許可するなど、写真コンテンツを保護する機能が充実していることは参考サイトを閲覧して知りました。

また、使ってみて画像の一括アップロードにWebのGUIからでも、shiftキーを押しながらフォルダ内の写真を一括指定してアップロードできること。

これらの管理面での機能性は便利そうです。

ただ、個人的にフォトギャラリー特化、ということで見た目はデフォルトでもLightBox系のプラグインがあるのかなー、と勝手に期待していたのでそこは残念だったかなぁ、と。

探し方が悪くて見付からなかっただけかもしれませんし、そこはテーマをカスタマイズしろ、ということなのかもしれません。

もうちょっと情報収集しておくべきだったでしょうかね。

タグ: デザイン・ビジュアル, レビュー

 



関連する記事一覧