ラック
Home > CMS > 記事 > 2016年1月 > MODX Evo1.0.15Jリリース

MODX Evo1.0.15Jリリース

カテゴリ: MODx

詳細は上記リリースノートを参照ですが、
このアップデートにより、古い環境へのサポートが結構切られたようです。

例えば…

IE6・IE7・IE8をサポート対象外

一方で、多くの機能が新実装されたり改良されたりしているようです。特に、

ベータ機能扱いで下書き機能が実装されています。この機能は将来的にリビジョン管理機能・承認ワークフロー機能の実装につながります。
 ※デフォルトではグローバル設定で無効にしてあります

とのことで、これは将来的に大きな変化になるかもしれません。

上記の通りまだお試し版なので、WPのようなリビジョン管理機能の実装にはもう少し時間を要しそうですが…。

また、機能の挙動についてはベータ版との触れ込みのあるので、事前にテストを行い、実用できるかどうかレビューする必要があると思われます。

新しい機能の実装と、レガシーサポートの打ち切りで容量的にはトントンで、インストーラのzipファイルのサイズはほぼ同じでした(1.0.14Jr9が約1.64MB、1.0.15Jは約1.66MB)。

 

XAMPPへのインストール時にトラブル

早速動作確認を…と思い、XAMPP環境にインストールしようとしたのですがトラブったのでメモしておきます。

環境は以下の通り。

Windows:Win7 SP1(x32)
XMAPP:5.6.8
Apache:2.4.12
PHP:5.6.8
MySQL:14.14 Distrib 5.6.24

この状況で、XAMPPのhtdocsの下に「modx2」というフォルダを作成し、そこにダウンロードした1.0.15J一式をコピー。

で、「localhost/modx2/」にアクセスしたところ…ブラウザ(FireFox、Chrome共に)は真っ白のまま少し待機させられ、唐突にApacheがクラッシュ。

Apache HTTP Server は動作を停止しました
-----
問題イベント名:	APPCRASH
  アプリケーション名:	httpd.exe
  アプリケーションのバージョン:	2.4.12.0
  アプリケーションのタイムスタンプ:	54c90386
  障害モジュールの名前:	ntdll.dll
  障害モジュールのバージョン:	6.1.7601.19045
  例外コード:	c00000fd
  例外オフセット:	00052cc6

一部情報は抜いていますが、こんな感じのエラーでした。

「あれ、installフォルダにアクセスしないとダメだったんだっけ?」と思って手持ちに残しておいた1.0.14Jr9をコピーしてアクセス。

…すると、ルートディレクトリでもきちんとインストール画面が表示されました。

このことから、どうも1.0.15Jの問題のようです。

最終的には、「localhost/modx2/install/」とinstallディレクトリに直アクセスすると問題なくインストールを進行させることができました。

(ログイン・新規リソースの追加も成功)

 

…これはリダイレクト関連のバグでしょうか…?

ちょっと気持ち悪い挙動ですね。

P.S.(1/6)

公式フォーラムで修正ファイルが提供されました。

このファイルで元のファイルを上書きして試したところ、無事にインストール画面が表示されました。

 

下書き機能テストのメモ

インストール時に予想外のトラブルに見舞われましたが、インストールできたので下書き機能をテスト。

  • 「下書き機能はデフォルトではオフ」とあるが、ペインから右クリックだと下書き作成・編集できる(バグ?)→P.S.(1/6) やはりバグのようです。後ほど修正されるとのこと(上記フォーラムのやり取りにて)。
  • グローバル設定から下書き機能をオンにすると、右上の「更新」や「閉じる」のメニューの中に下書きに関するボタンが追加される
  • 下書きが作成されると、ペインのリソースのファイル(orフォルダ)アイコンの隣に鉛筆アイコンが付く。この鉛筆アイコンはグローバル設定の下書き機能をオンにした場合のみ表示される
  • 下書きは1つのリソースにつき1つまで。
    下書きが作成されたリソースでは、既存のリソースを開いて編集することしかできない
  • 下書きを削除すれば、また新しく下書きを作成することが可能
  • 下書きをリソース本体と交換することはできなさそう(リビジョン機能でいえば、過去のリビジョンを復元、という行為に当たるためか)
  • 下書き作成後に新規リソースを作成したところ、連番になった(リソースIDは下書きではインクリメントしない模様)。

1/4現在では、現在のリソースのコピーを同じ場所に複製できる、というくらいのイメージになるのかな、という印象です。

それでも、無駄にリソースを消費せずに複製を保存しておけるので、大々的に変更する場合などは便利そうです。

リソースの本文に書いていたものをチャンクにするときに、事前のデータをバックアップしておきたい、とか(最近そういう作業をしたので…)。

タグ: レビュー

 



関連する記事一覧