ラック
Home > CMS > 記事 > 2016年11月 > WordPressのプログラムをcronで処理させる

WordPressのプログラムをcronで処理させる

カテゴリ: WordPress

注意点は2箇所。1つはcron自体の実行


30 0 * * * /usr/bin/php -q /WORDPRESS_ROOT_PATH/wp-content/plugins/hoge/hoge.php

上記はWordPress上の自前のプラグインhoge(キックするのはhoge.php)を実行させる場合の例。こんな感じでphpに実行させる(WORDPRESS_ROOT_PATHはWordPressがインストールされている場所へのパス)。

もう1つの注意点は、これだけだとphpは実行されるが、WordPress独自のテンプレートタグやら機能を使っている場合は、当然それらがインクルードされていないのでコケる。


$_SERVER = array(
    "HTTP_HOST" => "localhost",
    "SERVER_NAME" => "localhost",
    "REQUEST_URI" => "/",
    "REQUEST_METHOD" => "GET"
);
define('WP_USE_THEMES', true);
$wp_root = '/WORDPRESS_ROOT_PATH/';
if (file_exists($wp_root.'/wp-load.php')) {
    require_once($wp_root.'/wp-load.php');
}

hoge.phpの頭に上記コードを追加して、インクルードさせることでwordPress独自の機能が使える。

これでcronにプラグインフォルダに入れたphpファイルを実行させることができる、と。

タグ: システム設定周り, メール

 



関連する記事一覧