ラック
Home > CMS > 記事 > 2016年12月 > WordPress4.7にアップグレードしたらトラブった

WordPress4.7にアップグレードしたらトラブった

カテゴリ: WordPress

まとめ

  1. WordPress4.7にアップデートしたらフロント側が表示できなくなった
  2. ApacheがエラーログにSegmentation faultを吐いていた
  3. 原因はUser Access Manager(バージョン1.2.7.1)。停止させて復旧完了

現象

WordPress4.7 ja_JPパッケージが公開されたので、いくつかのテスト環境で実験した後に、手元の中で一番古い(色々テストしていろんなコードやプラグインが入ったりしている)サイトのアップデートをしました。すると、VivaldiでERR_EMPTY_RESPONSEエラーが出てサイトが表示されなくなりました。…幸い、管理画面は健在だったのでサイトの操作は続行することはできました。

  • 表示できなくなったのはサイトトップだけでなく、サイトのコンテンツ全体の模様(いくつかの投稿も開いたがダメだった)
  • 管理画面を何回か行き来できたので、管理画面側は大丈夫らしい

確認したところ、フロント側が全体的に死んだ模様。…そこまでは分かりましたが、原因が分かりません。

調査・対処

Vivaldi, Firefoxの2つの開発者ツールでネットワーク監視を見ると、GETした後まったくレスポンスが返ってきていないようです。「EMPTY RESPONSE」から想定できましたが、やはりサーバサイドですね、これは。ということで/var/log/httpd/error_logを確認。


[notice] child pid AAAAA exit signal Segmentation fault (11)
[notice] child pid BBBBB exit signal Segmentation fault (11)
[notice] child pid CCCCC exit signal Segmentation fault (11)
[notice] child pid DDDDD exit signal Segmentation fault (11)
[notice] child pid EEEEE exit signal Segmentation fault (11)
[notice] child pid FFFFF exit signal Segmentation fault (11)
[notice] child pid GGGGG exit signal Segmentation fault (11)

Segmentation fault…だと…。

ググったら、コアファイル吐かせて詳細を確認せよ、とのこと。しかし、残念ながら該当サイトが動いているサーバは電源を落とせない(再起動もNG)環境なので…これは困りました。

WordPressのアップデートで現象が起きたことや、他のテストサイトでは大丈夫だったことから、原因はテーマかプラグイン辺りという目星は付けられたので、とりあえず切り分けが簡単なプラグインの方から、1つずつ地道に停止して表示できるか、を繰り返しました。

すると、「User Access Manager(バージョンは1.2.7.1)」を停止させたところでサイトが表示されました。もう一度起動すると表示できなくなり、ログにもSegmentation fault発生。

ということで、原因が判明したのでプラグインを停止させて、なんとか復旧できました。

追加調査

12/7現在、やはり問題が起きているようでフォーラムに「互換性がないよ!」というトピックが立てられていました。プラグイン自体はメンテナンスがされているようなので、近いうちに修正されると良いですね。…とはいえ、WP4.7本体がWP Hook周りの仕様がガラッと変わったことに絡むissueっぽいのでちょっとやそっとというわけでもなさそうです。

追記(12/8)

User Access Managerのアップデートが来ていたので適用しました(1.2.7.1→1.2.7.3)が、カテゴリが空っぽ(未分類)になる現象が発生。更新履歴には1.2.7.3 2016/12/08 Fix empty category issue.と書いてあるのですが…どうやらまだ問題があるようなので、しばらく様子見でしょうかね?

参考(User Access Managerについて)

タグ: プラグイン

 



関連する記事一覧