ラック
Home > CMS > 記事 > 2017年7月 > WordBench長野 Vol.10参加レポート

WordBench長野 Vol.10参加レポート

カテゴリ: WordPress


セッション1(WordBenchとは~今回の概要~WordCamp Kyoto の振り返り)

WordBench とは

WordPressに関する地域ごとのコミュニティ・イベント。勉強会だったり、セミナーだったり、作業時間だったり。長野は頻繁(月一)で開催されている。

WordCamp Kyoto の振り返り


セッション2(WordCamp Kyoto 参加レポート)

参加したきっかけ

  • WordBench Nagano Specialが最初のきっかけ
  • 当日スタッフとして参加

当日スタッフの役割

  • 会場案内、誘導
  • 受付
  • 司会
  • ビデオ撮影&タイムキーパー ←ここを担当
  • 控室待機
  • ミーティングルームスタッフ

ビデオ撮影、タイムキーパーの役割

2日目 コントリビュータデイ 参加

  • WPコア開発
  • WPコミュニティ ← ここに参加
  • プラグイン:公式ディレクトリ登録
  • テーマ・プラグイン、WordPress.tvの翻訳
  • etcetc.

WPコミュニティチームの活動

  • 各地域の情報交換
    • 神戸:毎回テーマを設定
    • 大阪:ハンズオンなどの実施
    • 長野:頻繁(月一)にイベントを実施
  • 今後
    • WP4.8の影響
      • 近隣のイベントの情報がダッシュボードに出るようになった
        • 実際、ダッシュボードのWordBench長野の情報を見て今回のイベントに参加した人がいらした
    • 地方でもWordCampを開催したい、という意向があるらしい

セッション3 (WordCamp Kyoto 当日スタッフで参加した話)

スタッフ参加

  • 配膳係
    • 飲み物
    • 昼食(おにぎり・お茶)
    • 懇親会会場セッティング

コントリビュータデイ

  • テーマのレビューに参加
    • 各テーブル(チーム)にはメンター(世話役)が付くので気軽に参加できる
    • やりとりは基本英語。だが、話せなくてもなんとかなる(コミュニケーション取ろうとすれば)

まとめ

  • WordCampは誰でも参加できる
  • スタッフは超人じゃなくても参加できる
    • WPやコミュニティを育てていきたい人が参加しているのでは
  • WPへの貢献の仕方は人それぞれ

セッション4 (SVGアイコンを使い易くするための道具を作った話)

自前アイコンを使う場合の選択肢

  • FontAwesomeなどのフリーで使えるWebアイコン
  • microiconなどsvgアイコン
  • →便利だけど、少しでも外れると自前のアイコンを使うことに
    • ならば、svgアイコン作って自前アイコンを管理できるようにしたい

Font vs svg

  • 比較すると、svgの方が柔軟性がある

SVGPack

  • svgファイルを圧縮
  • 指定したディレクトリにあるsvgファイルからsvg spriteを生成
  • etcetc.
npm install -g svgpack

でインストールできる

使い方デモ

  • npmでインストール
  • 色々生成

    • スタイルガイドのhtmlなどが生成
    • cssやsvgデータのコードを表示、コピペできたりする
  • WPでもちょこっとやればすぐ使える

  • アイコンだけで考えると、画像(jpg,png,gif)は厳しい(レスポンシブの時代なので、サイズは伸長できるものであった方が柔軟に対応できる)

質問・座談会タイム

お題として挙がったもの

  • FTPの使用について
  • gitについて
  • cssプリプロセッサについて
  • Webサイトの表示速度について

まとめ

今回は県外からの参加者も多かった(らしい)からかもしれないですが、東京だけでなく地方でもワークフローや意識の変革が必要な段階に入ってきていると感じ、非常に刺激になりました。


ピザとビールとコップ、懇親会の様子

懇親会ではピザを食べつつ色々な話題で盛り上がりました!


今回巡った場所について

松本まで遠征したので、足を伸ばして諏訪も行ってきました。その様子は後述のリンク先にて。

一日目(松本)

二日目(諏訪・秋葉原)

タグ: イベント

 



関連する記事一覧