ラック
Home > CMS > 記事 > 2018年4月 > 第2回 WordBench群馬参加レポート

第2回 WordBench群馬参加レポート

カテゴリ: WordPress

第2回 WordBench群馬に参加してきましたので、その参加レポを。

LT

WordBench群馬について

  • Ko Takagi(@ko31)さん
    • WordBenchについて
    • WordPressのコミュニティについて
    • GPLライセンスと運営方針について
    • WordBench群馬について

意のままに(わがままに)僕がテーマを作る為に覚えたこと

  • 登壇者情報
  • 話す内容
    • これからテーマを作るときの情報収集の手がかり
  • それぞれの習熟度
    • HTML, css: 表示させるもの。大事
    • JSはプラグインとかで
    • PHP: プログラムでおそらく最も悩まされる相手
  • WordPressの構造
    • テーマに最低必要なもの
      1. index.php
      2. style.css
    • テンプレート階層
  • デザイナーさんが1から作るには_sが良い
  • テンプレート階層とテーマファイルの対応
  • 開発環境
    • XAMPP
    • Local by Flywheel
    • Vagrant
    • VCCW
    • etc.
    • おすすめはLocal by Flywheel
      • 他者と同期させず作り込むならこれで十分
  • オススメプラグイン
    • Show Current Template
  • まとめ
    • PHPはちょっと分かれば大丈夫!コワクナイ!
    • テンプレートには役割がある
      • テンプレート階層
    • ページごとのテンプレートでガッツリコーディング
      • ファイルを直接編集する方法もある

IDEのススメ

  • 家富正幸(MasayukiIetomi)(@jyokyoku)さん
  • 「何でテーマを作っていますか?」
    • VS Code(MS製)
    • ATOM(Github製)
    • Sublime Text
  • デザイナーさんは
    • Dreamweaver
  • まさかの
    • メモ帳
  • IDEを使ってみよう
    • Integrated Development Enviroment(統合開発環境)
      • Eclipse(Java)
      • Visual Studio
      • etc.
    • エディタ、プロジェクト管理、バージョン管理、など多機能
  • 今日紹介するIDE: PHPStorm
    • ここがスゴい
      1. コード補完機能
        • WPテンプレートタグも
        • 自作関数も補完
      2. WPのフィルターフック、アクションフックも補完
      3. 関数枚に変数の名称が表示
    • コード検査機能がヤバい
      • 未定義関数は警告
        • Fatal Error防止
      • 関数の呼び出しの変数の数が異なると警告
      • 削除予定の関数を警告
      • もっとナイスな書き方を教えてくれる
        • パフォーマンス悪いとかメモリ使い過ぎを教えてくれる
        • 参考サイトのリンクを教えてくれる
    • その他
      • スペルチェックが地味に便利
      • HTMLのクラスをcssで補完してくれる(逆も)
      • 他にもいろいろ多機能
  • 間違いや確認を減らせる=ストレスフリー

今年のWordCampのすすめ


トーク・懇親会

  • テーマ
    • Snow Monkey強い
      • カスタマイザーがあるので便利
  • セキュリティ
    • WAFでセキュリティという手もある
      • ただし、レンタルサーバによって制御できる内容が異なるので、対応はサービスによりけり
    • お手軽なものとしては、WP Site Guardプラグインを利用
    • google認証と連携した二段階認証、というプラグインもある
  • カスタム投稿やカスタムフィールドの定義を複数人で持ち回るには?
    • functions.phpに定義を書いてしまう
      • WordPressの流儀としてはあまりよろしくない(機能はプラグインで提供すべきで、テーマはビューに専念する、というのが基本的なポリシー)
    • カスタムメニューは持ち回れないのでは?
      • 結局DBをエクスポート・インポートするのが一番すっきりする気がする
      • 同じLANで作業するチームならば、ローカルにせずLAN限定のサーバを建ててしまうという手もあるが、それができる状況は限定的
  • 開発環境について
    • VCCWという意見が多め
    • Dockerはもっとnode.jsとかアプリケーション寄りで試作を繰り返すなどの場合の方が強いかもしれない。ホームページでは微妙かも
  • 表示確認: BrowserStackが便利
  • WordPressのイベントに参加する人の層は厚い
    • 「(テーマの)カスタマイズ」という単語を聞いたときにイメージするもの
      • ライト・ユーザー: 管理画面からカスタマイザーのGUIで変更していく
      • デベロッパー・コーダー: _sなどからコードを書いていく
      • と、全然違うことを想像する。トークの中で「カスタマイズ」と聞いて人によってイメージが異なるのは、現象として難しくもあり面白くもある。様々な人が関わっているからこその側面

備考

独学で学習してきて、「この方法で良いのだろうか?」と疑問を抱きつつも開発を行っている方が自分を含めて散見されました。

「これはどの案件でも通用する」「これをやっておけば間違いない」というような一つの最適な答えはおそらく無いと個人的には思います。

その上で、「自分はこういうやり方をしているのだけど、他にもっと良い方法を知っている方いらっしゃいますか?」的な形式のトークというのも、アリなのではないでしょうか。

タグ: イベント

 



関連する記事一覧