ラック
Home > CMS > 記事 > 2018年7月 > 異なる文字コードを共存させる

異なる文字コードを共存させる

カテゴリ: WordPress

  • 古い静的サイトがShift-JISで作成されている
  • 新しいサイトをWordPressで構築する(テーマもサーバのデフォルト文字コードもUTF-8)

といったように、異なる文字コードを1つのサイトの上で共存させる必要が出たため、これを実施しました。

今回の場合は幸か不幸か、上記の通りの構成なので

  • サーバのデフォルトの文字コードであるUTF-8を基本とする
  • WordPress関連のファイルはphpなので、phpはUTF-8
  • 逆に、古いサイトはhtmlファイルしかない

そのため、「htmlファイルだけUTF-8ではなくShift-JISとする」という対処で行けると想定できます。そこで、.htaccessのWordPress以外の部分に下記の1行を追加。


AddType "text/html; charset=Shift_JIS" .html #先頭にこの一行を追加

# BEGIN WordPress

## 後略

これで上手く行きました。

参考

タグ: システム設定周り

 



関連する記事一覧