ラック
Home > CMS > 記事 > 2018年9月 > Mastodonと連携できるCMS「KATSURAGI KAI」

Mastodonと連携できるCMS「KATSURAGI KAI」

カテゴリ: 未分類

以前1ファイルCMSとして「KATSURAGI」というものを作成しましたが、今回はそれにMastodon連携できる拡張部分を作りました。

OAuth認証用のライブラリも必要だったので、結果的に1ファイルではなくなってしまいましたが……。

構成ファイル群は以下の通り。

  • index.php: KATSURAGI本体。Mastodon連携用のコードが増築されましたが、tootbot.phpを抜けば単体でも動作する(はず)。
  • tootbot.php: Mastodon連携用ファイル。このファイルをレンタルサーバのcronで実行するように設定すれば、KATSURAGIで保存したコンテンツをトゥートします
  • vendor: ライブラリが入ったディレクトリ。といってもcomposerとTheCodingCompany/MastodonOAuthPHPだけですが。

以下に手順を記します。

1. KASTURAGIのインストール

Githubでzipをダウンロード

Releases - arm-band/katsuragi_kai - GitHubからkatsuragi_kai.zipをダウンロードします。画像は0.2.0ですがその後バグ修正したので0.2.1になっています。

FTPでアップロード

zipを解凍し、中身のファイル(冒頭で列挙した2ファイルと1フォルダ)をFTPソフト等でレンタルサーバにアップロードします。

サイトにアクセスしてインストール画面に

アップロード先に対応するURLにアクセスし、インストール画面に進みます。ログインに必要となるIDとパスワードを設定して進みます。

インストール完了

インストール完了。

トップ画面からログイン

トップ画面に進んだら、右上のログインからログインメニューを表示して、先ほど設定したID、パスワードでログインします。

管理画面

管理画面に進むと、サンプル記事が3つ登録されています。Mastodon連携する場合、

  • 日時指定なし(一定時間おきにランダムでトゥート)
  • 曜日指定(曜日と時間で指定された時刻にトゥート)
  • 日付指定(年月日、最低限「日」と「時間」で指定された時刻にトゥート)

の3パターンを指定できるので、それぞれの場合のサンプルとなります。不要ならば削除してしまいましょう。

ここまでで一旦インストールは完了です。

2. Mastodonアカウント作成&アクセストークン等取得

次に連携させるMastodonアカウントを作成します。

Mastodonでアカウント作成

アカウントを作りたいMastodonインスタンスにアクセスし(例えばmstdn.jp)、アカウントのID、メールアドレス、パスワードを入力してアカウントを作成します。

メール認証も済ませましょう(というより認証しないと先に進めない)。

Mastodonにログインした画面

Mastodonにログインしたら、トゥート欄の上の歯車マークから設定画面に進みます。

開発メニューを開く

設定メニューの下の方、「開発」をクリックします。

アプリを選択

「開発」の中の「アプリ」を選択。「新規アプリ」ボタンをクリックして作成画面へ

アプリの必要事項を入力

アプリの名前やサイトといった必要事項を入力します。

アクセス権の一覧を表示

下にスクロールし、アクセス権を表示させます。

アクセス権はwrite:mediaとwrite:statusesを選択

アクセス権はwrite:mediawrite:statusesを選択。他はチェックを外します。今回は必要ないので、必要なものだけ最小限に選ぶ形に。

アプリが追加されたことを確認

「送信」ボタンをクリックするとアプリが作成され、アプリ一覧に表示されるようになります。表示されたアプリの名前のリンクをクリックしてジャンプします。

アクセストークンなどを表示

すると、クライアントキークライアントシークレットアクセストークンが表示されます。これを控えます。なお、この情報がばれると誰でもアカウントにアクセスできてしまうので注意。

3. KATSURAGI KAIに設定

アクセストークンなどを設定

先ほど控えたクライアントキークライアントシークレットアクセストークンを、KATSURAGI KAIにログインして「Mastodon連携」タブで移動した先のそれぞれの項目に入力します。その上のインスタンスはアカウントを作成したインスタンスのドメイン名(例: mstdn.jp)を入力します。

4. cron設定

ここから先はレンタルサーバごとに画面が異なると思うのでそれぞれの設定に従うことになりますが、やりたいこととしては「一定時間おきにトゥートするトリガーを設定する」ことです。

上記の設定だけでは、あくまで「アクセスできる環境が整った」だけで、実際にアクセスしたりトゥートしたりする引き金を引く役目が不在のままです。そこで、1時間に一度など、cron設定でtootbot.phpをphpコマンドで実行する設定を行います。

これができれば、晴れてMastodon botが動くようになるというわけです。


以上、ざっくりですが設定としてはこんな感じです。

タグ: その他

 



関連する記事一覧