ラック
Home > CMS > 記事 > 2018年10月 > WP ZoomUp #2 参加メモ

WP ZoomUp #2 参加メモ

カテゴリ: WordPress

  • 開催日時: 2018/10/11(木) 21:00~23:00(自己紹介・懇親会前に途中退出)

概要

WP ZoomUPについて

  • 「Zoom」というオンラインミーティングツール(ビデオチャットツール)を使用したオンライン勉強会
  • 先月から開始
  • 毎月2回を予定。1回はテーマを決めた座談会、もう1回は登壇者がセッションするセミナー形式。今回は後者でした
  • オンライン勉強会 WP ZoomUP (仮) - Shinichi Nishikawa's

内容

勉強会の概要は上記。

に動画が上がっていますので、どのような内容だったかを確認することができます。

セッション内容

「2018年のフロントエンドのトレンドから見るコーディング事情」

  • 登壇者: 前川 昌幸氏

概要

Webサイト作成におけるフロントエンド(HTML, css, JavaScript)周りの近況を紹介

内容詳細

内容に関する参考記事はGistに アップされているので、そちらも参照。

WebアプリとWebサイトで求められること

  • 明確な差は?
  • Webサイトで求められること

→実際は結構差がある

  • フォームやユーザ入力(クリックなど)に対する処理が多いものはアプリ的
  • PWAもアプリ的な範疇に入るかも、がまたそれも違う世界
    • クライアントサイドに置いてプログラミングで制御できるプロキシサーバ的な立ち位置。見た目を操作するものではないので、フロントエンドとも言いがたい雰囲気

HTML

  • 現在の仕様は5.2
    • dlの直下でdivを入れられるようになった
  • W3CとWHATWGで微妙に違う
    • WHATWGが常に仕様を更新し続けている(逆に、バージョンを切っていない)
    • W3Cがどこかの段階で抽出してバージョンとして提出する
    • 仕様の新しい話題はWHATWGで。また、WHATWGは各種ブラウザのベンダーなども参加しているので、ブラウザの実装が付いてくる可能性が高い
    • W3Cはブラウザの実装が追いつかないと勧告されない

アクセシビリティ

  • 障碍者差別解消法の施行
    • 民間企業は努力目標
  • JIS X 8341-3:2016(互換性のある国際基準はWCAG2.0)が規格
    • 最新はWCAG2.1にアップデートされている
  • AAAは実現可能性が低いので実質的にAAが目標
    • 「動画には必ず手話の動画を付ける」のような実現が困難なものもある
  • 文字サイズや色反転はOSやブラウザの機能で使っているので大中小ボタンはまず使わない(x5やx10のような倍率を使ったりするが、そんな倍率を実装しているWebサイトは……)

css

クラス設計の決定版は見付からず

  • OOCSS
  • SMACSS
  • BEM
  • ECSS
  • Etc.
  • インタラクションとしてのcssアニメーションの重要性
    • マウスホバー
    • タップエフェクト
      • transitionを使ったアニメーション
      • 次のページが表示されるまでの1秒~数秒の間の「押したっけ?」となるのを防ぐ
  • そもそもは「メンテナンスする際に破綻しない命名規則」
    • 複数人で操作する場合
    • 数ヵ月後、1年後にメンテするかもしれない
    • そんなときに困らないようにルールが欲しい

JavaScript

  • 脱jQuery
    • ブラウザの進歩で実装の差がなくなった
    • cssアニメーションの普及
    • SPAなどの新しいアーキテクチャの登場
      • DOMを直接操作するjQueryは厳しい
      • パフォーマンスも良くはない
    • Angular, React, Vueが普及
  • 「ホームページ」にはjQuery
    • ページトップへ戻るは素のJavaScriptでも
    • 複雑なものはJSフレームワーク
    • jQueryの領域はカルーセルくらい?狭まりつつつある
  • JavaScriptの進歩
    • 最新仕様はES2018
      • 年に一回アップデート
    • TypeScriptがaltJSのメインストリーム

ビルドツール/タスクランナー

アプリ/サイト問わず求められるもの

まとめ

  • あまり情報にも振り回されないように
  • とはいえ鈍感でも問題

私見

Webサイト作成におけるフロントエンドの動向を広範に説明して頂き、一通り整理することができました。

「無理に焦る必要はないが、今のままで良いと停滞し続けるのも良くはない」ということで、私個人としては今までのように少しずつ成長を続けていければ良いのではないか、と思いました。

ただし、それも「今までの延長線」だけではなく、全く新しい分野へのチャレンジも含むなどして、適宜できることを拡張できるようになりたいと思います。

タグ: イベント

 



関連する記事一覧