ラック
Home > CMS > 記事 > 2014年11月 > バックアップ&リストア(引っ越し)のテスト

バックアップ&リストア(引っ越し)のテスト

カテゴリ: MODx

※同じサーバへの復元ではなく、別サーバへの「引っ越し」でテストしてみましたので、その点にはご注意を。

※だいぶ前に行ったテストを記憶を頼りに書き起こしたので注意。

 

ということで、以下に今回行った手順をメモしておきます。

  1. 管理画面で、バックアップ・リストアを開き、manager_logとevent_logを空っぽにした後に全てのテーブルにチェックを入れて「バックアップ」をクリック、sqlファイルをダウンロード
  2. FTPソフトでmodxインストールフォルダ以下の全てのファイルをダウンロード(アスキー/バイナリモード、ローカルはshift-jis、ホストは無)
  3. 移行先サーバにmodxを復元する環境のディレクトリを作成
  4. 移行先サーバのMySQLサーバで、データを復元するデータベースを作成(文字コードと照合順序を元の環境と合わせること)。データベースにアクセスするユーザの許可とかも設定
  5. 元の環境のバージョンと同じバージョンのMODxのファイル一式を、「三.」で作成したディレクトリにアップロード
  6. 元の環境のバージョンと同じバージョンのMODxのファイル一式を、「三.」で作成したディレクトリにアップロード
  7. 「五.」でアップロードしたサーバのURLにアクセスしてMODxを普通にインストール。DBの環境は移行先の環境に合わせるが、DBのテーブルのプレフィックスは元の環境のプレフィックスに合わせること。
  8. パーミッション変更
    • content/、assets/cache/、temp/を757に。
    • manager/includes/config.inc.php.blankをmanager/includes/config.inc.phpにリネーム。
    • manager/includes/config.inc.phpを646に。
    ※この辺りはバージョンに応じて適宜読み替えてください
  9. adminでログインしてグローバル設定を更新。最初にやらないといけないことなので
  10. DBのリストア
    ツール>バックアップ・リストア>●ファイルから実行
    ※1.でダウンロードしたsqlファイルを選択、「リストア実行」
    →「リストアは正常に実行されました。」
    ※ほぼ一瞬で終了
  11. サイトのURLなど、整合性を調整
    引っ越しだとURLがずれているので、MODxのグローバル設定から書き換える。
    • サイトのURL
    • ベースURL
    • ファイル管理機能の管理対象ディレクトリ:「リセット」をクリックして現環境のものに変更
    • ファイルブラウザディレクトリの物理パス:「リセット」をクリックして現環境のもの(./content/)に変更
    • ファイルブラウザディレクトリの相対パス 確認。直ってるならば良い。
    を確認、現在の環境と差異があれば変更、で適宜修正
    ※うまく表示できないので上記設定を見直して更新したり、サイトをリフレッシュしたりする必要があるかも。
  12. 移行先サーバの復元環境ディレクトリに、「二.」でバックアップしたものを、必要に応じてアップロード(アスキー/バイナリモード、ローカルはshift-jis、ホストはutf8(BOMなし))
    ※content下の画像やファイル、assets下のテンプレートに関するファイル、スニペット・プラグイン関係のファイルなど
  13. .htaccessも上書きアップロードした場合、RewriteBaseが悪さをしていて他のページへ遷移できなかったので修正。ここら辺も適宜調整
  14. ファイル管理でアップロードできなかったりしたらパーミッションを編集・変更
  15. グローバル設定を更新する(自分以外にアクセスがないことを確認)
    ※ログイン毎にイベントログに「重要なファイルが書き換えられている」の警告が記録され、管理者にエラーメールが発信されるため。

大体上記のような手順を踏んだら閲覧・リソースの投稿など問題ないと思われる状態まで持っていけました。

作業途中にキャッシュとかパーミッションとかフレンドリーURLや物理パスの設定でやや躓いた感がありますが、そこら辺りに気を付ければいける…はず。

タグ: システム設定周り

 



関連する記事一覧