RasPi
Home > RasPi > 記事 > 2015年1月 > ディスクイメージのバックアップ

ディスクイメージのバックアップ

カテゴリ: 手順メモ

SDカードはフラッシュメモリを使用した記憶媒体なので、いずれ書き換え可能限界に達します。HDDでも故障しますけどフラッシュメモリ特有の問題として書き換え可能限界が挙がることはあります。
ウェアレベリングとかでなるべく寿命を長くする技術は発展していますが、やはり無制限とは行きません。

そのため、Raspberry Piでいえばログの書き込みとか、動かし続けていると読み書きが大量になるものはオフにしたり外付けのHDDに取るようにするなどの回避策が用いられたりするわけですが…。
万が一の為、バックアップを取りたい。しかも、ディスクイメージで。…仮にこうなった場合、どういう風にすれば良いのでしょうか?

ということで実験してみました。

こちらを参考に。

 

●バックアップ

ディスクイメージのバックアップは、OSを焼く際にもお世話になった「Win32diskimager」でできるとのこと。

まずimgファイルを作成(日本語を含まないパス(C直下やD直下など)に適当なファイル(拡張子を表示している状態で空っぽの新しいドキュメント.txtで良い)を作成し、リネームで「hoge.img」とすれば空っぽのimgファイルの出来上がり)。
そうしたらSDカードをPCのスロットに挿して、Win32diskimagerを起動。imgファイルとして先ほど作った「hoge.img」を指定し、ドライブパスはSDカードを挿したスロットになっていることを確認。

あとは「read」ボタンをクリックして数分待てば完了!(※間違えて「write」を押すとSDカードの中身が消えるので注意

簡単!(なお、ディスクイメージなのでPC上に保存するためには当然SDカードの容量と同じだけの容量が必要です)

●リストア

なお、リストアには、バックアップで出来上がった「hoge.img」を指定してSDカードに書き込めばオーケー。なお、SDカードの容量(セクタ)が小さいと書き込みできないっぽいので注意。製品によっては同じ容量(4GBとか8GBとか)でも微妙に容量が異なるために書き込みできない場合もある模様。

 

●実験

RasPiディスクイメージバックアップ&リストア実験1

ということで実験。上記のやり方でバックアップを取った後、一度SDFormatterでSDカードをフォーマット。

RasPiディスクイメージバックアップ&リストア実験2

その後、上のやり方でimgを書き込み。

RasPiディスクイメージバックアップ&リストア実験3

そのSDカードをセットしてRaspberry Piを起動すると…はい、起動しました。これですぐに環境復元できることが分かったので一安心ですね。

タグ: その他

 



関連する記事一覧