RasPi
Home > RasPi > 記事 > 2015年3月 > RasPi2は光で死ぬ

RasPi2は光で死ぬ

カテゴリ: 覚書・メモ

神の聖体はパンである。それは「聖餅(ウェハー)」とも呼ばれる。

特に聖餅の中でも最も小さい"聖餅CSP"は、神性が天より降臨する径(パス)をワイヤ・ボンディングとして用いていない。

それゆえ、宿る神霊の一部分は外部に露出している。

これは万物が霊性を保つ要であり、秘孔とも呼ばれる。

この秘孔は悪魔にも存在する。

聖餅ではなく人の肉を喰らい、ワインではなく人の血液を呑む気高き魔族といえどもそれは同じ。

ゆえに、血を啜る悪魔――吸血鬼――には、万物の秘孔である聖餅CSPに向けて、キセノンから錬成される杭を打ち込むことで倒すことができよう。

特に、生まれながらにしてキセノンフラッシュを焚くことのできるカメラを持っている一族を「クルースニク」と言い、レーザーポインタを持っている一族を「タルボシュ」と呼ぶ。

 

…という妄想は置いといて。

なるほど、RaspberryPi 2は光属性に弱いのか…(違

ということで即興でちょっと弄ってみる。

pi@raspberrypi2 ~ $ sudo passwd root
新しいUNIXパスワードを入力してください:
新しいUNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました

とりあえずrootのパスワードを変えて…。

root@raspberrypi2:~# cd /home/
root@raspberrypi2:/home# mkdir deathflash
root@raspberrypi2:/home# ls -al
合計 16
drwxr-xr-x  4 root root 4096  3月  8 19:50 .
drwxr-xr-x 22 root root 4096  2月 16 23:19 ..
drwxr-xr-x  2 root root 4096  3月  8 19:50 deathflash

専用のディレクトリを作ってみる。

root@raspberrypi2:/home# cd deathflash/
root@raspberrypi2:/home/deathflash# vi sunlight_yellow_overdrive.sh

#!/bin/bash
sudo shutdown -h now

#以降略

root@raspberrypi2:/home/deathflash# vi barus.sh

#!/bin/bash
sudo shutdown -h now

#以降略

こんなシェルスクリプトを用意。

root@raspberrypi2:/home/deathflash# cd /etc
root@raspberrypi2:/etc# vi hosts

#127.0.0.1のホスト名を書き換え

root@raspberrypi2:/etc# vi hostname
#ホスト名を書き換え

これで一旦reboot。ホスト名の変更を反映させます。

pi@forbiddenberry ~ $ su - root
パスワード:

root@forbiddenberry:~# adduser jonathan
ユーザ `jonathan' を追加しています...
新しいグループ `jonathan' (1004) を追加しています...
新しいユーザ `jonathan' (1001) をグループ `jonathan' として追加しています...
ホームディレクトリ `/home/jonathan' を作成しています...
`/etc/skel' からファイルをコピーしています...
新しいUNIXパスワードを入力してください:
新しいUNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました
jonathan のユーザ情報を変更中
新しい値を入力してください。標準設定値を使うならリターンを押してください
        フルネーム []: Jonathan Joestar
        部屋番号 []:
        職場電話番号 []:
        自宅電話番号 []:
        その他 []:
以上で正しいですか? [Y/n] y

root@forbiddenberry:/home/deathflash# adduser sheeta
ユーザ `sheeta' を追加しています...
新しいグループ `sheeta' (1005) を追加しています...
新しいユーザ `sheeta' (1002) をグループ `sheeta' として追加しています...
ホームディレクトリ `/home/sheeta' を作成しています...
`/etc/skel' からファイルをコピーしています...
新しいUNIXパスワードを入力してください:
新しいUNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました
sheeta のユーザ情報を変更中
新しい値を入力してください。標準設定値を使うならリターンを押してください
        フルネーム []: Lusheeta Toel Ul Laputa
        部屋番号 []:
        職場電話番号 []:
        自宅電話番号 []:
        その他 []:
以上で正しいですか? [Y/n] y

ということで上記のシェルスクリプト用のユーザを作成。

さらっとホスト名を「ForbiddenBerry」に変えました。悪魔が関わった木の実こと禁断の果実です。

光に弱いならやはり悪魔っぽいものでないといけませんよね。

root@forbiddenberry:/home/deathflash# chown jonathan:jonathan sunlight_yellow_overdrive.sh
root@forbiddenberry:/home/deathflash# chown sheeta:sheeta barus.sh
#所有者を変更

root@forbiddenberry:/home/deathflash# chmod 744 sunlight_yellow_overdrive.sh
root@forbiddenberry:/home/deathflash# chmod 744 barus.sh
#権限を設定

root@forbiddenberry:/home/deathflash# usermod -G sudo jonathan
root@forbiddenberry:/home/deathflash# usermod -G sudo sheeta
#sudoできるユーザに新しく作ったユーザを加える

でもって権限を設定。

root@forbiddenberry:/home/deathflash# ls -al
合計 16
drwxr-xr-x 2 pi       pi       4096  3月  8 19:55 .
drwxr-xr-x 6 root     root     4096  3月  8 20:09 ..
-rwxr--r-- 1 sheeta   sheeta   2366  3月  8 19:55 barus.sh
-rwxr--r-- 1 jonathan jonathan  313  3月  8 19:55 sunright_yellow_overdrive.sh

こうなりました。

 

それでは、それぞれのユーザでログインしてシェルスクリプトを実行してみましょう。

まずはjonathan。


はい、見事に山吹色の波紋疾走が決まりました。

 

では、次にsheeta。


こうして天空の城は崩壊したのでした。

 

以上、RaspberryPi 2は強い光で倒せるということでやってみました。

(本当は光に弱い→吸血鬼→血、繋がりでopenSSLのバージョンをHeartbleed対策がないバージョンまでダウングレードあるいはソースからコンパイルしてすり替えようと思ったのですが、上手く行かなかったのでこっちだけで記事にしました。
リベンジするかどうかは分かりません。)

タグ: ネタ

 



関連する記事一覧