RasPi
Home > RasPi > 記事 > 2015年3月 > 茄子ベリーパイを焼く

茄子ベリーパイを焼く

カテゴリ: 手順メモ, NAS

本当はパイの日である昨日のうちに焼こうと思ったのですが、遅れてしまいました。

前回、USBメモリを外付けHDDのつもりでマウント&NASにする実験を行ったので、今度は本番です。

ということで、まずは実験用の環境を一旦消します(コメントアウトなど)。smb.confやfstabの設定を無効化し、マウント用に作成したディレクトリを削除。これで準備はオーケーです。

では、再度構築。

…その前に、気になる点があります。USB式外付けHDDは果たしてバスパワーでちゃんと動いてくれるのでしょうか?

ということで接続してみると…。カチッ…ウィー…ヒューン……カチッ…ウィー…ヒューン……カチッ…ウィー…ヒューン……。

エンドレス。ダメですねこれは。ディスクが回り始めると同時に止まってしまっています。

ということで、【初心者向け】ゼロから始める!自宅で ownCloud on Raspberry Pi - Qiita←こちらを参考にバスパワーの給電能力を上げる設定を行ってみます。

pi@naspberrypi ~ $ sudo vi /boot/config.txt

safe_mode_gpio=4
#末尾に上記の一行を付け足す

これで再起動。再度試すも…結果は虚しく。

仕方ないので、セルフパワー式のUSBハブを繋ぐことにしました。


RasPi-USBハブ-USB式外付けHDD、と若干面倒な構成となり、コンセントも2つ使用してしまいますが…これでやってみましょう。

セルフパワー式USBハブは元々はSurfaceで使うかもしれない、と思って購入したものでした(RasPiの設定などでも使えるかも、という魂胆もあり)。今回、後者の意図で光を浴びることになりました。

ということで今回使用した物は以下の通り。

それでは、ハード的な制約はクリアしたので設定して行きましょう。

なお…。


NAS+RaspberryPiということで、ホスト名はnaspberrypiとしておきましょう。

pi@naspberrypi ~ $ sudo fdisk -l

Disk /dev/mmcblk0: 7969 MB, 7969177600 bytes
4 heads, 16 sectors/track, 243200 cylinders, total 15564800 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x0009bf4f

        Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/mmcblk0p1            8192      122879       57344    c  W95 FAT32 (LBA)
/dev/mmcblk0p2          122880    15564799     7720960   83  Linux

Disk /dev/sda: 500.1 GB, 500107859968 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 60801 cylinders, total 976773164 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0xf7910996

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1            2048   976771115   488384534    7  HPFS/NTFS/exFAT

前回同様、sda1として認識されている模様。USBハブ越しでもちゃんと認識しているようなので、行けますね。

pi@naspberrypi ~ $ sudo fdisk /dev/sda1

Command (m for help): d
Partition number (1-4): 4

Command (m for help): d
Partition number (1-4): 3

Command (m for help): d
Partition number (1-4): 2

Command (m for help): d
Selected partition 1

#既存のパーティションを削除

Command (m for help): p

Disk /dev/sda1: 500.1 GB, 500105762816 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 60801 cylinders, total 976769068 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x6e697373

     Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System

#パーティションがないことを確認

Command (m for help): n
Partition type:
   p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
   e   extended
Select (default p):
Using default response p
Partition number (1-4, default 1):
Using default value 1
First sector (2048-976769067, default 2048):
Using default value 2048
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (2048-976769067, default 976769067):
Using default value 976769067

#パーティションを新規作成。プライマリで、HDDまるごと1つのパーティションにします

Command (m for help): p

Disk /dev/sda1: 500.1 GB, 500105762816 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 60801 cylinders, total 976769068 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x6e697373

     Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1p1            2048   976769067   488383510   83  Linux

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.

WARNING: Re-reading the partition table failed with error 22: 無効な引数です.
The kernel still uses the old table. The new table will be used at
the next reboot or after you run partprobe(8) or kpartx(8)
Syncing disks.

#前回同様怒られました…

pi@naspberrypi ~ $ sudo fdisk /dev/sda1

Command (m for help): p

Disk /dev/sda1: 500.1 GB, 500105762816 bytes
16 heads, 58 sectors/track, 1052552 cylinders, total 976769068 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk identifier: 0x6e697373

     Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1p1            2048   976769067   488383510   83  Linux

Command (m for help): q

ちゃんとパーティションはできたようなので作業続行。

pi@naspberrypi ~ $ sudo mkntfs -f /dev/sda1
Cluster size has been automatically set to 4096 bytes.
Creating NTFS volume structures.
mkntfs completed successfully. Have a nice day.

今回はntfsでフォーマットします。なお、RasPiはデフォルトだとntfsでフォーマットできないので、予め

pi@raspberrypi ~ $ sudo apt-get install ntfs-3g

でntfsフォーマットするためのパッケージをインストールしておきます。

なお、ntfsでフォーマットするとパーミッション設定ができないようです(前回記事の参考サイトより)。

自宅LAN内のみのファイルサーバとしてなら最低限の読み書きができれば良いので問題はないですが。

pi@naspberrypi ~ $ sudo mkdir /mnt/nas1

#マウント用のディレクトリ作成

pi@naspberrypi ~ $ ls -al /mnt/
合計 12
drwxr-xr-x  3 root root 4096  3月 15 11:55 .
drwxr-xr-x 22 root root 4096  3月  9 19:28 ..
drwxr-xr-x  2 root root 4096  3月 15 11:55 nas1
pi@naspberrypi ~ $ sudo chown pi:pi /mnt/nas1

#所有者をrootからpiに変更

pi@naspberrypi ~ $ ls -al /mnt/
合計 12
drwxr-xr-x  3 root root 4096  3月 15 11:55 .
drwxr-xr-x 22 root root 4096  3月  9 19:28 ..
drwxr-xr-x  2 pi   pi   4096  3月 15 11:55 nas1
pi@naspberrypi ~ $ sudo mount /dev/sda1 /mnt/nas1/
pi@naspberrypi ~ $ df -h
ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
rootfs           7.2G  2.5G  4.5G   36% /
/dev/root        7.2G  2.5G  4.5G   36% /
devtmpfs         238M     0  238M    0% /dev
tmpfs             49M  356K   48M    1% /run
tmpfs            5.0M     0  5.0M    0% /run/lock
tmpfs             97M     0   97M    0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1    56M   15M   42M   26% /boot
/dev/sda1        466G   79M  466G    1% /mnt/nas1

ちゃんとマウントされましたね。とりあえずはオーケーです。

pi@naspberrypi ~ $ sudo blkid /dev/sda1
/dev/sda1: UUID="XXXXXXXXXXXXXXX" TYPE="ntfs"
pi@naspberrypi ~ $ sudo vi /etc/fstab

proc            /proc           proc    defaults          0       0
/dev/mmcblk0p1  /boot           vfat    defaults          0       2
/dev/mmcblk0p2  /               ext4    defaults,noatime  0       1
UUID="XXXXXXXXXXXXXXX" /mnt/nas1 ntfs-3g defaults         0       2 #added

# a swapfile is not a swap partition, so no using swapon|off from here on, use  dphys-swapfile swap[on|off]  for that

/etc/fstabにUUIDで追記して、起動時に自動でマウントされるように設定。今回はフォーマットがntfsなので「ntfs-3g」にします。これで一度再起動します。

pi@naspberrypi ~ $ df -h
ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
rootfs           7.2G  2.5G  4.5G   36% /
/dev/root        7.2G  2.5G  4.5G   36% /
devtmpfs         238M     0  238M    0% /dev
tmpfs             49M  356K   48M    1% /run
tmpfs            5.0M     0  5.0M    0% /run/lock
tmpfs             97M     0   97M    0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1    56M   15M   42M   26% /boot
/dev/sda1        466G   79M  466G    1% /mnt/nas1

自動マウントされていますね(/mnt/nas1)。

そうしたら、前回インストール済みのsambaを設定します。

pi@naspberrypi ~ $ sudo vi /etc/samba/smb.conf

[nas1]
path = /mnt/nas1
read only = No
guest ok = Yes
force user = pi

あとは、sambaデーモンを再起動すれば…。

pi@naspberrypi ~ $ sudo service samba restart
[ ok ] Stopping Samba daemons: nmbd smbd.
[ ok ] Starting Samba daemons: nmbd smbd.
pi@naspberrypi ~ $

これでNASになったはずです。PCからもちゃんとアクセス、読み書きできることを確認し、作業完了です。

茄子ベリーパイ、焼きあがりました。…言っておいて何ですが、あんまり美味しそうではないですね。


がっつりファイルコピーさせるとさすがに負荷がかかりますが、ちょっとした共有とかだったら使えそうです。

タグ: Samba

 



関連する記事一覧